2005年07月13日

第U部 献立に関する定義と一般基礎知識

久々に天気のよい空が広がっています。
夏日ですね。梅雨ももうそろそろ終りでしょうか。

皆様のおかけで、ランキングもめでたく40位圏内に入ることが出来ました。
お礼を申し上げると同時に、これからもよろしくお願い申し上げます。

グルメランキングです。一押し応援お願いしますポチッとなっ♪グルメランキング応援お願いいたします!

さて、今日は第U部です。
これまたややこしそうなタイトルですが、
ようは、すばらしい饗宴にふさわしいメニュー例を考えていこうというものです。

”Menu”とは様々な意味を持つ単語ですが、
この場合「食卓のために調理される料理によって構成されるすべて」である。
と本書には書かれています。

アンフィトリオン(接待役)は常にその日の献立を把握していなければいけない。
そのために料理人は献立を逐一アンフィトリオンに知らせる必要があるし、
アンフィトリオンの目にかなうものでなければないらない。
つまり、本当に優れたアンフィトリオンというのは、
饗宴に関する全ての知識を持ち合わせていなければいけない。というのである。

また、料理人は、いくら優れた技術を持っていたとしても、
優れたアンフィトリオンに仕えていなければすぐにその技術を失ってしまうだろう。
とも言っています。
料理人とアンフィトリオンの関係は、
現代のオーナーとシェフとそう変わりないのかもしれませんね。

献立は、春・春の特別・夏・秋・冬、に分かれていて、
それぞれの季節ごとに、15人・25人・40人・60人の饗宴を想定しており、
合計20個の献立が紹介されています!
それとは別に、昼食用(デジュネ・ア・ラ・フルシェット=フォークによるデジュネ)の
25人分の献立も紹介されています。

なかなかお目にかかれません。こんなパーティー!
posted by koji at 16:13| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。