2005年07月17日

第V部 その続き

長々となってしまっていますが、もう少しです。
どうぞお付き合いいただければ幸いです。
いや、書いてる本人はけっこう楽しく書いてるんですけどね。笑

 ◇食卓の給仕について
会食の場に召使いは極力いないほうがよい。
召使いは空腹である。会食が楽しく長時間になることを快く思っていないのである。
そのために、食卓には使い終わった食器を下げる小さなテーブルを、
会食者二人に一つ配置するのがよいだろう。
また、会食者は自分の召使いを連れ立って出席するべきではない。
アンフィトリオンの召使いのほうが当然会食がスムーズにすすむのである。
召使いは食器を下げる際には、会食者に触れないようにしなければならないし、
会話を中断することも許されない。
ただ、その行動が邪魔されない為に、会食者はいったん席から立つことを厭ってはいけない。
全ては会食を完璧にするために必要なことで、それは無礼なことではないのである。

 ◇ワインの給仕と試飲
ワインは元々は水で割ってサービスされていたが、
会食者が水割りの濃さを調節できるように、食卓の上にワインと水を分けて置いておくようになった。
ワインは、分厚いクリスタルのグラスよりも、薄手のグラスで供されるべきである。
ワインは蔵から出してきて、瓶のまま出すのがよい。
カラフに移すと、香りもその閉じ込められた精神さえも失ってしまうだろう。
ロースト料理の後に飲むク・デュ・ミリュー(食中の杯)には、
リキュールかスピリッツを飲む。消化促進に役立つためである。
会食の終盤、アントルメの際にも、デザートワイン、甘味ワインが供される。
シャンパンも造られるようになったところで飲まれるようになったが、
消化に悪いのでほどほどにするほうがいい。
最後はパンチ、ビショップ(ボルドーワインベースの温かいカクテル)を飲む。
それぞれ勧められたら一杯は飲むこと。これが礼儀である。
食卓の会話術。プロポとは!?
posted by koji at 21:33| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。