2005年08月12日

ワインの歴史 そのA

ロマネコンティの地.jpg今日は雨がしとしと。
お盆には野外イベントがちょこちょこあるので、
雨が降らなければいいなと思うんですが、
カンカン照りもイヤなので、中間の曇りくらいが希望です。笑

先日、バールに行ったんですが、
そこでなんとロマネコンティ1977年ものの瓶を発見!
他にもシャトーマルゴー、シャトーラトゥール、シャトームトンロトシルドなどなど・・・
他にも、飲みたくても飲めないような(金額よりむしろどこで売ってるのか。。。)
そんなワインの、空瓶ばかりがディスプレイされていました!
うーん、すごい。しかもどれもかなりの年代物。

店員さんに聞いてみたら、その店のマスターが隠し持っているコレクションを、
常連さんとたまに空けてるんだとか。。。売り物じゃないそうで。笑
常連さんから一人1万円でロマネコンティを空けちゃったマスター。
太っ腹すぎます!私も常連になろうと決意しました。笑

話がそれてしまいましたね。興奮してしまいました。

ゴール(フランスの当時の国の名前)のワインはローマのワインが伝わったものと言われています。
しかし、一番最初にブドウの木が持ち込まれたのは、
紀元前600年ごろ、シリア・レバノンの地に住んでいたフェニキア人によってだとされています。
彼らは海岸民族で、地中海沿岸の様々な土地を植民地としていました。
その植民地の一つに、マッシリアという土地、
今のフランスのマルセイユがありました。

本題のワインの歴史はこれからです。笑
posted by koji at 08:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒のお話 ワイン集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。