2006年03月30日

サクラ咲く季節です

桜が満開ですね〜。気付けば!
今年もちゃんとお花見が出来ないうちに散っていっちゃいそうです。泣
なのでせめて思いでだけでも。。。笑

現在ランキング強化キャンペーン!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日は桜にちなんだおはなしを。
もちろん食べ物のおはなしです。

桜を食べるというとそんなにバリエーションはないように思いますね。
桜餅、桜あんぱん、桜茶、桜ごはん、桜蒸し、、、、
思いつきません。汗桜の塩漬け.jpg
どれもこれも、桜の香りで包まれているおいしいものばかり。
彩りも一緒になって春を感じさせてくれます。

料理やお菓子に使う場合の桜は普通、塩漬けです。
桜の塩漬け、使ったことありますか?
塩漬けにも、花と葉のどちらもあるんですが。。。

桜の葉の塩漬けの70%以上が静岡県岡崎町産!
posted by koji at 09:27| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

欠かせない香辛料 胡椒

今日はたまたまパーティーがありませんでした。
明日からまた頑張らなければなりませんが、
その前にまとめて記事を書いてしまおうという魂胆です。笑

現在ランキング強化キャンペーン!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日の食材。胡椒.JPG
西洋料理はもちろん、今では世界中でどんな料理にも欠かせない香辛料、
胡椒についておはなししたいと思います。
家庭の食卓にも普通にありますよね。

原産は、インド南部マラバル地方。
南インドでの栽培は紀元前500年代から始まっているんだとか!
現在では、インド・インドネシア・マレーシア・ブラジルなどで栽培されています。
今日の続きはやや長め!頑張りました。笑
posted by koji at 22:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

GEROLSTEINER ナチュラルミネラルウォーター

GEROLSTEINER.jpg3月もあと何日となってきました!
私たちも忙しい時期、ヤマをいくつか越えてラストスパートです!
なんだかずっとヤマという気もしたんですが。。。汗

現在ランキング強化キャンペーン!実はいまだ継続中!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日はドリンクでちょっとおもしろいのがあったのでご紹介。
ミネラルウォーターは年々その需要が高まっているので、
私たちも注目しています。

今日はその中でも、
「GEROLSTEINER ゲロルシュタイナー」を飲んでみました。

ドイツ西部、アイフェル高地にある「ゲロルシュタイン」という街。
そこで採水され、ボトリングされるこの水。
天然の炭酸ガスを含んだ、発泡性ナチュラルミネラルウォーターです。
100年以上の歴史を持っていて、
ドイツで最も飲まれているナチュラルミネラルウォーター。
ドイツでは発泡性のミネラルウォーターを飲むのが普通なんだそうですが、
その中でも一番というのだから期待です。

ミネラルウォーターにも色々ありますね。
posted by koji at 08:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

便利な調理器具 フードプロセッサ

桜の開花が!
やっぱり前記事で感じていたことは本当でした。。。
もうそこまでやってきているだなんて。
お花見シーズン到来ですね〜。

最近バタバタしちゃってます。
更新もなんだかままならないんですが、
気長にお付き合い頂ければ幸いです。。。

現在ランキング強化キャンペーン!実はいまだ継続中!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日は便利な調理器具のおはなしでもしようかなと思います。
以前は業務用でプロのための秘密兵器的な存在だったと思うんですが、
最近では一般家庭でも見られるような身近な存在になっています。
フードプロセッサ!
どんな調理器具かご存知でしょうか??

壊れた日には冷や汗がたらり。笑。重要です!
posted by koji at 23:40| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

日本人が初めて飲んだウィスキー

桜前線がどんどん上昇して参りました。
都内でもちらりほらりと花開いている桜を見るんですが、
なんだか今年はえらく早いですよね??
早く咲く種なのかは知らないので不思議です。笑

現在ランキング強化キャンペーン!実はいまだ継続中!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

前々回の記事でマデイラ酒のおはなしをしました。ペリー来航.gif
そのときに、ペリー将軍の船に積まれて日本に初めてやってきた、
というおはなしだったんですが、
これにはマデイラ酒以外にも色々ありました。
ウィスキーもその一つ。

偶然読んでいた雑誌に載っていた話なんですが、
なんだかタイムリーだったのでご紹介しましょう。

ペリー来航のちょっとした裏話♪
posted by koji at 23:31| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(4) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

国内24頭目のBSE感染牛、長崎で確認

雨が降ったり晴れ間がさしたり、
なんだか不安定な天気で調子が狂いますね。

今日はちょっと簡単に、
最近気になるBSE問題について少し書きたいと思います。

17日の記事ですが、
asahi.comからの引用です。
 厚生労働省は17日、長崎県内で飼育され、13日に同県内で処理された雌の14歳の黒毛和牛が牛海綿状脳症(BSE)だったと発表した。国内で確認されたBSE感染牛は24頭目。これまでの感染牛はすべてホルスタイン種で、肉用種の感染確認は初めて。肉や内臓はすべて焼却処分される。

 厚労省によると、感染牛は92年2月生まれで、169カ月齢。感染牛としては国内最高齢で分娩(ぶんべん)を10回経験していた。母牛から子牛にはBSEは感染しないとされる。妊娠中に股関節脱臼で起立困難となり、分娩後、処理場に搬入されたが、BSE特有の神経症状とは診断されていなかった。BSEの原因物質のタイプがこれまでとは異なっており、感染経路を詳しく調査する。

肉用種として国内初でした。
牛乳を採るためのホルスタイン種では今までに23頭もいたんですね。

 2005年12月、アメリカの国内規制に加えて、
20カ月以下に限ること、特定危険部位を取り除くことを条件に、
約2年ぶりのアメリカ産牛肉の輸入が再開されましたが、
それが緊急停止されたのが2006年1月20日のこと。
まさにつかの間でしたね。。。

その後、非常に強い圧力がアメリカから日本に対してかかっています。
にもかかわらずいまだに輸入は開始されていません。
あまりにもずさんな管理体制には、
国民としてもさすがに不快感を増すだけになってしまいました。

参考
http://nikkeibp.jp/sj2005/special/114/03.html
http://www.asahi.com/special/bse/

鳥インフルエンザも流行っています。
現在、フランス産の鴨肉や鶏肉が輸入禁止となっています。
牛肉ほどインパクトはないかもしれませんが、
私たちのフードメニューとしては非常に重要です。。。
かといって合鴨にするというわけにも行きませんね。

たまにこういう情報がはいると、
日本の自給率の低さが非常に浮き彫りになってくるように思います。
輸入がストップするということがいかに負担になってくるか、
ということですね。

今日は簡単に記事のピックアップでした。
これくらいで。

posted by koji at 16:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

マデイラ酒 独特の香りを楽しむ

マデイラ島ブドウ農場.jpgすごい雨です・・・
びしょぬれになりました・・・
春の嵐ですねぇ。
傘をさしても真横から雨がこられてはどうしようもありません。笑

現在ランキング強化キャンペーン!継続中!
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日はお酒のおはなしをしたいと思います。
マデイラ酒、って聞いたことがあるでしょうか。
マデラ酒、マデイラワインと言うこともあります。
醗酵の途中でアルコールを加えて醗酵を強制的に止める、
酒精強化ワインの一つです。
これは、ポートワインのおはなしの記事でも書きましたね。
フォーティファイドワイン(Fortified Wine)って言うとかっこいいです。笑

マデイラ酒が作られるのはマデイラ島。
アフリカのモロッコ沖に浮かぶ、ポルトガル領の小さな島です。
1419年にポルトガルの探検家によって発見されました。
ヨーロッパからアメリカ、アジアへ向かう航路の寄港地としても栄えました。

あのロナウドの出身地でもあります!
posted by koji at 23:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(6) | お酒のお話 ワイン集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

リンボウ先生の<超>低脂肪なる生活 林望(著)

さぁさぁまたどんどん忙しくなってきました。
明日からようやく春らしくなる!
というのを毎日信じて願っているんですが。笑
今日はえらく寒い一日でした。。。
雪が降ったりしたところもチラホラ。
早く暖かくなってほしいもんです。

現在ランキング強化キャンペーンを実施中!
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日は一冊の本をご紹介。

「リンボウ先生の<超>低脂肪なる生活」 林望(著) −日本経済新聞社


めずらしく書評です。笑

目次
1 一年間で一〇キロやせた
2 リンボウ流・「超」低脂肪食のルール
3 和食はおいしい・素晴らしい
4 毎日こんなふうに食べている
5 「超」低脂肪食を支える台所
6 例外のない生活


作家、書誌学者である著者の林望(ハヤシノゾム)氏は、
自身の病気を自分なりの食事療法で改善しました。

その時の食事法を本にしたものがこれ。

胆嚢炎がすっかり回復!体重もベストをキープ!
posted by koji at 22:05| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

エビフライをタルタルソースで

エビフライ.jpg今日も張り切って参ります。
家庭料理のうんちくもたまには。
これはこれで私が書いていてすごく楽しいジャンルでもあります。
家で作ってておいしくできると嬉しいですよね〜。

というわけで、
今日の献立はエビフライにしましょう♪

今日からランキング強化キャンペーンを実施いたします。笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

エビフライ。
子供も大人も大好きな揚げ物料理です。
日本の洋食シーンでも大きな影響を及ぼしています。

使うエビは車海老なんかだと豪華ですよね〜。
でも高いのでブラックタイガーでもいいかもしれません。笑

帆立のグリルと小海老のフライ ラタトゥイユのココット仕立て♪
posted by koji at 00:56| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

コスタリカ産 コーヒーを買って

ビーンズ.jpg昨日は大きなウェディングのパーティーがありました!
私が担当させて頂いて、
半年越しでようやくの当日だったので緊張しました。。。
パーティーは成功しましたし、
新郎新婦、ご親族、ゲストの皆様にも喜んで頂けたかなと、
今は一安心している次第です。
うーん、感無量。

というわけでまた少し更新が滞っておりましたことをお許しください。汗

今日は昨日の緊張から一転解き放たれて休日です。笑
切らしていたコーヒーを買いに、
春の嵐で風が吹き荒れる中を自転車で出かけました〜。

一番近所の自家焙煎のお店がお休みで落胆。。。
隣町にあるもう一軒のコーヒー豆屋さんまでいっちゃいました。

隣町といってもすぐ近くなんですが、
日曜でも営業されてました。よかった。

このお店、自家焙煎はもちろんなんですが、
お店で並んでいる豆はまだ生の豆なんです。
お客さんが注文してから、焙煎して挽いてくれます。

注文してから買って帰るまで確かに時間はかかりますが。。。。笑
でも、待っている間にカフェスペースで座っていると、
淹れたてのコーヒーをサービスしてくれるという心遣いが!
カフェでコーヒーを注文してお支払いする金額を考えると、
豆代だけお支払いしてコーヒーまで飲めちゃうこのお店のなんと良心的なことでしょう。
といつも思って感心してしまいます。

というわけで、今日はコスタリカ産の豆を購入。
甘めの味がいいです、とリクエストしてオススメされたものです。

ここからコスタリカのちょっとしたうんちくが。。。笑
posted by koji at 02:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

旬の食材、菜の花を食す

菜の花.jpg暖かくなったなぁと思うとまた冷えてきました・・・
こういうのはほんとに嫌ですね・・・
早く春がこないかなぁと。願うばかりですね〜。

旬の食材のお話もたまにはしましょう。
去年もこの時期に名前だけはちょこちょこ登場しているんですよね。
菜の花。
市場でも年末年始くらいからちょこちょこ出回っているんですよ〜。

ナバナ、とかナノハナとかまぁどちらでも通ります。
本来は花というくらいだからお花です。
食用として売られているものは、
菜の花をつぼみの段階で摘み取ったものになります。
ちなみに、花が咲いて切り花として売られるものは、
「花菜 ハナナ」という名前で区別されて流通するそうです。

ヨーロッパ原産ですが、
日本では独自の品種改良がされています。
日本全国で色々なタイプの菜の花が栽培されているのが現状です。

アブラナとも言うかと思います。
アブラナ科アブラナ属ですが、これに属する仲間はけっこう多いです。
ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、小松菜などなどなどなど。
このブログでもけっこう取り上げられている野菜が多いですね。笑
実はこれらの中でも、栄養価が特に高いのが菜の花なんです。

栄養素を引用しましょう。あんまり多いので。笑
ミネラル類ではカリウム390r、カルシウム160r、リン86r、鉄2.9r、ビタミン類ではカロテン2,200μg、ビタミンE3r、ビタミンK250μg、ビタミンC130r、ナイアシン1.3r、葉酸340μg、パントテン酸0.73r、食物繊維4.2g
中でもビタミンCと葉酸が豊富。
葉酸といえばアルツハイマーを予防するのに効果的とされていますが、
これが生野菜の中で一番多いのが菜の花。
また、独特のほろ苦成分が分解して出来る辛味成分のイソチオシアネートの一種に、
腫瘍に対して有効に作用する物質があることが報告されています。

栄養価が高い、というイメージはあまりないかもしれませんね。
あの独特のほろ苦さと食感、見た目、彩りの良さが春らしさを表現するのにピッタリです。
和食の添え物、おひたし、お吸い物などの使い方がメジャーかもしれませんが、
洋食でも中華でも、さっと炒めるだけで十分おいしい食材なので、
幅広く使われていると思います。

さてさて、菜の花についてちょっと調べているうちにおもしろいページを発見しました。
菜の花プロジェクトネットワーク
タイトルからして菜の花って感じです。笑
菜の花、油菜といえば、そうですね、菜種油の原料でもあります。
菜の花を広く栽培することから始まって、
食用油として使ったり、搾りかすを肥料としたり、
また、使い終わった廃油を軽油代替燃料として再利用したり。
地域一丸となって取り組むプロジェクトを全国に展開されています。
去年開かれた愛・地球博では、
このプロジェクトで開発された廃油のリサイクル装置が、
「愛・地球博環境賞」というものを受賞されているそうです!
菜の花がこんな形でも役に立っているんですね〜。
おもしろいのでぜひページをご覧になってみてください。

こうやって改めて調べてみると、色んな再発見があります。
それをご紹介できると思うと、楽しいですね。
今日はこれくらいで!
グルメランキングです。
posted by koji at 23:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

みたらし団子を食べたので。

みたらし.gifまた少し更新が滞っております。汗
訪問してくださった方々、今日からまたよろしくお願い致します。

実はちょこっと田舎へ帰っていたのですが、
よく行っていた甘味処へ寄ってみました。
みたらし団子が無性に食べたくなったので。。。笑
けっこう何店舗もあるので、東京にもあるかなー、
と思っていたのですが、どこを探してもなく、、、
なので久々のこの味って感じです。

なので、今日はみたらし団子のおはなしでも。

みたらし団子は京都市の下鴨神社(加茂御祖神社)の葵祭りや御手洗(みたらし)祭で、
神前のお供え物として氏子の家庭などで作られたのが始まりです。

後醍醐天皇が境内にある御手洗池で水をすくったところ、最初に泡がひとつ浮き、
少しして4つの泡が浮き上がったところから、
その泡を団子に見立てて作ったというおはなし。
もうひとつ別の話では、みたらし団子は人間の頭と手足をかたどったもので、
これを神前に備えてお祈りをし、それを家に持ち帰って醤油をつけて火にあぶって食べ、
厄除けにした、というのもあります。

もともとは小さい団子を竹串の先にひとつ、少し間を置いて4つ続けて刺した串が、
扇形に10本並んで団子が50個ついていたそうです。
今の形になったのは大正の頃。
この頃に生醤油の付け焼きだけだったものを、
加茂みたらし茶屋のご主人が醤油と黒砂糖を使ったタレにしたところ、
子供からお年寄りまで喜ばれました。

白玉粉と上新粉を混ぜて作るほうがいいでしょうか?
原料となる粉ってほんとに色々ありますよね。。。
ちょっと調べてみました。

※白玉粉
寒ざらし粉とも呼ばれ、もち白米を原料とする。
昔は冬の寒さが厳しい頃、清流の得られる場所で製造していたらしい、もち米を精白し、水に漬けて柔らかくし、水ごとすりつぶす。その白い液を圧縮脱水し、それを細かくけずり乾燥してつくられる。
良質なものは、乾燥が完全で、白色で光沢があり、粉質が微細。
茹であげてフワッとした柔らかさと弾力があり、冷やしても固くならない品が、良品とされている。
餅とは別なまろやかな風味があり、白玉だんごやギュウヒとして高級菓子材料になる。

※もち粉
もち米を精白し、水に漬けて粉砕し、乾燥して作る。
メーカーによってはうるち米に澱粉を入れる場合もある。
白玉粉と同じく、歯ごたえがまろやかで粘りの強いおだんごになるが、白玉粉より製造工程が少なく、低コストなので、和菓子原材料として業務用を中心に需要がある。

※だんご粉
うるち米・もち米を精白し、水に漬けて粉砕し乾燥してつくる。
また、うるち米・もち米の配合比率は一定していないが、うるち米の入った分だけ、白玉粉やもち粉に比べてコシの強いだんごになる。
柔らか過ぎないので、おだんごを作りやすい。

※上新粉
うるち米を精白し、水に漬けて粉砕し、乾燥して作る。
もち米が入らないので、粘りやまろやかさよりも歯ごたえの強さをいかしたおだんごに向く。
家庭では、みたらしだんごや柏餅に最適であるが業務用としては各種和菓子原材料として需要があり、米穀粉の中では最も多く生産されている。

※道明寺粉
もち米を蒸して乾燥し、あらく挽いた道明寺を粉末にしたもの。
桜もち・椿もちのなとでの菓子材料として用いられている。
道明寺とは、大阪府藤井寺市にある寺の名前。
昔、天満宮に供えた饌飯の下がりを信者に与えたところ、大変評判になったため、あらかじめ飯を乾燥貯蔵するようになったのが始まりとされている。

引用ですが。。。
原料も少しずつ違うんですね。
白玉粉だけだと柔らかすぎるという感じでしょうか。
私たち、出張パーティー・ケータリング東京アミューズでも、
白玉だんごは割とよく提供していますが、
なかなかみたらし団子は作っていないので、
今度やってみようかなと思います。

今日はちょっと簡単に。
これくらいで!

グルメランキングです。
posted by koji at 09:04| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | お菓子のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ソースにとろみをつける!

3月3日、ひな祭りですね!
あいにくの雨でしたが、ちょっと特別な日をみなさん楽しんだんでしょうか?
小さなお子様のいる家庭ではそうかもしれませんね。
私は仕事で気付けば一日が過ぎ去っていました。笑

と、ひな祭りにまつわるお話を・・・とでも思ったんですが、
なかなか思いつきませんでした。汗
甘酒のお話くらいでしょうか?笑
ただ、甘酒のおはなしは以前した記憶があるのでやめておきましょう。。。
今日はだから普通に調理雑学編にしたいと思います。

フランス料理でとてもとても大事なファクターとして、ソースがあります。
クラシックになればなるほどそうですが、
ソースなくして料理は完成しないと言ってもいいかもしれません。

日本料理では素材をシンプルに味わうために、
だしの味付けもシンプルなものが多いですよね。
素材から不要なものを引いて引いて、引き立てていく引き算の料理と言われます。

フランス料理はその逆。
素材同士の旨味を加えて加えていく足し算の料理。
その最終点として、旨味を濃縮したソースというものが完成すると言えます。

ソースだけでも十分おいしい!
posted by koji at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ケータリング、テーマにあわせてメニューを替える

ブルスケッタ.jpgお天気がよくないですね〜
寒さも戻ってきて、うううう、肩がこります。笑
気付けば3月になりましたが、
この雨があがれば一気に暖かくなる予感がしますね!

たまには私たちのお仕事、ケータリングのお話をしないといけませんね。笑
今日はとあるイベント会場でメーカー様の展示会がありました〜。

夜から雨が降っていたので、
お客様の足にも影響があるだろうなと心配していたんですが・・・
朝一から割と多くのお客様がいらっしゃったようです♪

レセプションや展示会については、以前もおはなししたことがありますね。
レセプションでのフィンガーフードのおはなしです。
今回もフィンガーフードばかりのメニューリングですが、
展示品がイタリアのブランドだったので、
それにあわせてちょっとイタリアンテイストに♪

フィンガーフードが大活躍です。レセプション。
posted by koji at 23:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | AMUSE diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。