2006年04月27日

野菜ソムリエの美味しい経営学

今日はちょっと手短に。
フード関連の書評です。
書店でタイトルで気になって買ってみたのですが、
これがなかなか新鮮でした。

「野菜ソムリエの美味しい経営学 幻冬舎」
福井 栄治(著)

目次
 前書き
 第一章 なぜ今、野菜のソムリエなのか
 第二章 食品の安全性が問われる時代
 第三章 このままでは日本の農業が危ない!!
 第四章 農業分野におけるマーケティング戦略
 第五章 農業で稼ぐためのビジネスモデル

著者は日本ベジタブル&フルーツマイスター協会を立ち上げ、
いわゆる「野菜ソムリエ」の資格制度を作った方です。

エリート商社マンから一転、八百屋になったという異色の経歴。
このままでは日本の農業はまちがいなくなくなる、
という危機感を、商社での経験から抱いたというんですね。

◆黙って並べておくだけでは青果物は売れない
 →今までの青果物を扱う人の感覚ではダメ。
  知識を持って、お客様に積極的に販売できる野菜ソムリエが必要。

◆「規格」と「安全性」どちらが必要な情報か
 →お客様は青果物の見た目や大きさより、安全性を求めている。

◆「作れば作るだけ売れた」時代の代償
 →生産性の良い改良品種ばかりが作られるようになり、
  昔ながらの地元野菜やおいしい野菜が消えていった。

◆農家に求められる経営者意識
 →海外の野菜に対抗できない経営者意識の少なさ。
  儲からないなら農業を継ぐ若者は少ない。

◆トレーサビリティーは本当に必要か
 →生産履歴の追跡。安全性の保証として流行ってはいるが、
  それにかかるコストは生産者か消費者にかかる。
  しかし、それで青果物自体の味が良くなるわけではない。
  安心して買える販売員との人間関係があれば事たるのでは?

◆農業は本当に儲からないのか?
 →現状の農業生産と農作物流通の仕組みが問題
  問題提起は50年近く前にはされていたのに、慢性的に悪化している。

◆リスクを回避するカギ、「農業の法人化」と「大規模化」
 →天候不良などの経営上のリスクを、法人にすることで分散する。
  「1/1の農業から100/100の農業へ」、大規模化。
  リスクマネジメントとサプライチェーン。

◆商品を分ける三つのカテゴリー
 →「コモディティ」一般的な普通の規格品。
  「スペシャリティ」朝採り野菜やフルーツトマトなど。
  少し価値があるが購買者層は広い。
  「ラグジュアリ」ブランド品。京野菜や海外のブランド産地など。
  「スペシャリティ」がこれからのポイント。

◆視点を変えるだけで売上が何倍にもなる
 →コモディティの中に埋もれているスペシャリティを見つける。

◆スペシャリティ・アイテムの生かし方
 →販売員がその特殊性をきちんと伝えられるからこそ価値がある。

◆自立した農業を目指す
 →宣伝・広告・マーケティング・販路。
  個人農家でも顧客をつかめば安定する。

野菜ソムリエという言葉は最近出てきたのですが、
私も注目していました。
そして、都内に出来た八百屋さん「Ef」というお店も、
今までにない野菜の販売スタイルということで同じく注目していました。
この両者がこういったつながりを持っていたというのは、
初めて知ったのでかなり興味深かったです。

農業に対する危機感や、物流のビジネスモデルなど、
かなり多くの部分で共感できました。
私自身、いつかそういったビジネスが出来たらと思っていたので、
一つの理想がそこにあったようにさえ思います。

じゃあまずは、野菜ソムリエこと、
「ベジタブル&フルーツマイスター」の勉強をしようと思います!
お酒の勉強ばかりじゃだめです。笑

というわけで、今日は久々の書評でした。
ご興味のある方は是非読んでみてください。

posted by koji at 08:25| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

IHクッキングヒーターの原理

鼻風邪をひいてしまったようです。。。
なんだか生活しづらいですよね。笑

最近、一般のご家庭へケータリングするとよく遭遇するものがあります。
料理の仕上げなどで、キッチンをお借りするんですが、
多くのご家庭でこれがあります。
IHクッキングヒーター。

やっぱり新築する際に設置する方が多いようですね。
ここ数年で、急激に普及しているそうです。

安全・清潔・エコロジー・お手入れ簡単。
使ってみるとわかることは、電気代もそんなにかからず、
しかも火力も強いということで、
ご家庭のお母様方にはかなり好評だそうです。

IHクッキングヒーターがどういう原理で加熱しているのか、
いまいち理解していなかった私。
今日ようやく調べて理解できました。

IHとは「Induction Heating」の略。
日本語に直せば、誘導加熱となります。
1947年にはアメリカで、
日本では1971年に商品化されていたそうです。
実はけっこう昔からあった技術なんですね。

原理としては。。。
磁力発生コイル(誘電加熱コイル)に電流が流れると磁力線が発生し、この磁力線が金属の鍋を通る時、うず電流に変わり鍋の電気抵抗によって、発熱します。
ということなんですが、なんのこっちゃわかりづらいですね。笑

対流まで考えられているから吹きこぼれないんです!
posted by koji at 11:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

日本酒で春の訪れを♪

あらばしり1.JPG気付けば4月も20日になってます。汗
ボヤボヤしていたらほんとに月日が経つのは早いですね〜。

季節がどんどん変わっていきますが、
日本には四季を感じるものがたくさんあるように思います。
海外で生活したことがあるわけじゃないので、
その良さを比較できないのが残念ですが、、、
自分で感じられるだけでも素晴らしいことですね。

四季の変化を感じられるものには、
気温や日照時間、生き物や食べ物の変化、
年間の行事などもあります。

でも今日は、日本酒で季節を感じることのおはなしです。
やっぱりお酒です。笑

最近自宅の近所で気になる酒店を見つけてしまいました。
前を通るたびに、いつか入ってみよう入ってみようと思っていたんですが、
今日ようやく、晩酌用になにか欲しくて行ってみたんです!笑

入りやすい雰囲気の入り口と明るい店内♪
個人の酒店の割には広くて、見やすいお店です。
洋酒、焼酎、ワイン、日本酒と幅広くあり、
調味料や自然派食品まで取り扱ってらっしゃいます。

何か間違いがあればご指摘下さい!利酒師のご親切な方!笑
posted by koji at 23:04| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

ガスのおはなし

LPがす.gif暖かい日が続いていますね〜。
体調もすっかりよくなりましたが、
今度は予想以上の暑さにやられそうです。。。
20℃越えとかびっくりですよね。
気付けば夏がやってくるんでしょうか。汗

さて、今日はガスのおはなしをしたいと思います。
調理場になくてはならない、
というか、何も始まらないものがガス!
火が使えないと何も出来ません。

といっても最近はオール電化な調理場もあるそうで、、、
技術の進化ですね。
それはそれで今日はおいときましょう。笑
私個人の意見としては、
火をきちんと使えないと料理人としては難しいと思います。
(意外と使えない料理人はけっこういるんですが、、、)

引越しの時などでも、
ガスだけはなぜか立会いが必要です。
やっておいてくれれば楽なのになぁ、、、なんて思うのは私だけでしょうか。笑

皆さんのご家庭のガスはどんなガスが知っていますか?
大きく分けるとそうですね、
都市ガスとLPガス(プロパンガス)の2つになります。

どこがどう違うのかはよく知らないけれど、
LPガスのほうが高いのは知ってる!
という方は多いかもしれません。
今日は都市ガスとLPガスのおはなしです。

液化すると250分の1の体積になるんだとか。。。
posted by koji at 16:12| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

築地に行ってきました!!

皆様ご無沙汰しております!
非常に長いこと更新が滞っておりました!
ようやくブロードバンドも復旧し、
自分の鋭気も上り調子になってきましたので、
またアップしていきたいと思います!
気長に待ってくださって本当にありがとうございました。

さて、新たな気持ちで今日のおはなし。
築地に行ってきたんです。
おはなしというか、
レポートですね!

画像をアップしたいと思います。

市場1.JPG市場2.JPG市場3.JPG市場4.JPG





まずは市場の様子から。。。
といっても、何がなんだかわかりませんね。
画像だとわかりずらい、というんじゃなく、
私自身、現地にいても良くわかってません。笑
それくらい、たくさんのお店がひしめきあっていて、
どこを見ていいのか判らないんです。汗

ドラム缶ヤ1.JPGドラム缶ヤ2.JPGドラム缶ヤ3.JPG






おちおち見ていられない、大きな原因の一つがこれです。
私は勝手にドラム缶車と名づけました。笑
市場で物を運ぶときに使う荷車なんですが、
細い市場内の通路をこのドラム缶車がものすごいスピードで行き交います!
うかうか立ち止まっているとどやされるか轢かれるのが目に見えています。汗
走っている様子を画像に収めることさえも出来ませんでした。。。
魚1.JPGマグロ1.JPG伊勢海老1.JPG




どじょう1.JPGあわび1.JPGつぶ貝1.JPG




ホウボウ1.JPGヤ海老1.JPG





築地市場の一番のメイン食材は水産物!魚ですね。
中に入って一番活気付いていて、そしてお店の数がすごいところです。
なんとか必死になって撮ってきた画像の数々ですが。。。
ほとんどボケてますね!笑
いや、これでもかなり頑張って撮ったんですが。
全てのお店で全部の魚を見て回っていられるほど、
のんびりしたところではありません。
普段取引のあるお店を決めていることが必須条件です。
お店側も心得ているもので、
素人が一人でいきなり行ったところでいい食材をすんなりとは売ってはくれないんだとか。。。汗
信頼関係を築くまで、足しげく通うしかないんですね。

野菜1.JPG椎茸1.JPGなめこ1.JPG






もちろん青果もあります。
私が行ったときには、もうけっこう遅めの時間帯
(といっても9時過ぎくらいでしたが、、、)
だったので、ほとんどの商品はもう配送されていて、
残った野菜が少しとあとはダンボールと発泡スチロールの山だけでした。笑
それでも十分色々ありますが。。。。
春の野菜もそろそろ旬が落ち着いてきて、
緑が濃くなってきていますね。
さくらんぼ1.JPGさくらんぼが桐箱に入っていました!
あえて値段は聞きませんでしたが。笑

ですが、市場内はやはり安いです。
通常の仕入の半額程度でも買えることがあります。
銀座などのお店では、近いこともあって多くの飲食店が買いにきています。

今、築地で起こっている問題。
みなさんご存知でしょうか。
そう、市場の移転です。

これには賛否両論かなり出ていますが、
一応豊洲に移転することは東京都が決定を下しています。

移転の原因。
設備の老朽化、市場の肥大に敷地が足りていない、
というような、かなり現実的な問題からです。
伝統のある市場だからこその問題ですね。

これに関してまだ少し詳しくご紹介しているページがあるので、
リンクしておきましょう。
中央区タウン 中央区は今 - 第一話「築地市場 移転の経緯」

移転後のダメージもやはり相当なものですので、
慎重な解決策も必要だと、私も思います。
ですが実際に行ってみると、確かに建物はすごいですね。。。

バタバタバタバタとしているうちに歩き疲れてしまいました。
もちろん最後はお寿司を食べて帰りました。笑
うーん。朝早起きした甲斐があります。

今日はちょっと画像ばかりで手抜きっぽいですが、
これくらいで!笑
またこれからも皆様よろしくお願い致します!

いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。
posted by koji at 21:37| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

4月になりました

新生活スタートの春。
4月がやってきました。
年度がかわって心機一転。
さぁこれから、という時期ですね。

今年は少し桜がフライング気味で咲いたので、
もうそろそろお花見も終わりかもしれません。
うーん、私もお花見したかったです。笑

気持ちよくスタートしたかったのですが、
ちょっとバタバタ続きで3月末を迎えてしまったせいもあり、
また、私事でインターネットの環境がちょっと変わることもあって、
更新がまた滞ってしまうかと思います。。。
前言い訳ですね。汗
またちょこちょこっとアップして行こうと思いますので、
気長にお付き合い頂ければ幸いです。

取り急ぎ、
ちょっとご報告でした。
posted by koji at 23:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | AMUSE diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。