2006年04月24日

IHクッキングヒーターの原理

鼻風邪をひいてしまったようです。。。
なんだか生活しづらいですよね。笑

最近、一般のご家庭へケータリングするとよく遭遇するものがあります。
料理の仕上げなどで、キッチンをお借りするんですが、
多くのご家庭でこれがあります。
IHクッキングヒーター。

やっぱり新築する際に設置する方が多いようですね。
ここ数年で、急激に普及しているそうです。

安全・清潔・エコロジー・お手入れ簡単。
使ってみるとわかることは、電気代もそんなにかからず、
しかも火力も強いということで、
ご家庭のお母様方にはかなり好評だそうです。

IHクッキングヒーターがどういう原理で加熱しているのか、
いまいち理解していなかった私。
今日ようやく調べて理解できました。

IHとは「Induction Heating」の略。
日本語に直せば、誘導加熱となります。
1947年にはアメリカで、
日本では1971年に商品化されていたそうです。
実はけっこう昔からあった技術なんですね。

原理としては。。。
磁力発生コイル(誘電加熱コイル)に電流が流れると磁力線が発生し、この磁力線が金属の鍋を通る時、うず電流に変わり鍋の電気抵抗によって、発熱します。
ということなんですが、なんのこっちゃわかりづらいですね。笑

対流まで考えられているから吹きこぼれないんです!
posted by koji at 11:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。