2006年04月27日

野菜ソムリエの美味しい経営学

今日はちょっと手短に。
フード関連の書評です。
書店でタイトルで気になって買ってみたのですが、
これがなかなか新鮮でした。

「野菜ソムリエの美味しい経営学 幻冬舎」
福井 栄治(著)

目次
 前書き
 第一章 なぜ今、野菜のソムリエなのか
 第二章 食品の安全性が問われる時代
 第三章 このままでは日本の農業が危ない!!
 第四章 農業分野におけるマーケティング戦略
 第五章 農業で稼ぐためのビジネスモデル

著者は日本ベジタブル&フルーツマイスター協会を立ち上げ、
いわゆる「野菜ソムリエ」の資格制度を作った方です。

エリート商社マンから一転、八百屋になったという異色の経歴。
このままでは日本の農業はまちがいなくなくなる、
という危機感を、商社での経験から抱いたというんですね。

◆黙って並べておくだけでは青果物は売れない
 →今までの青果物を扱う人の感覚ではダメ。
  知識を持って、お客様に積極的に販売できる野菜ソムリエが必要。

◆「規格」と「安全性」どちらが必要な情報か
 →お客様は青果物の見た目や大きさより、安全性を求めている。

◆「作れば作るだけ売れた」時代の代償
 →生産性の良い改良品種ばかりが作られるようになり、
  昔ながらの地元野菜やおいしい野菜が消えていった。

◆農家に求められる経営者意識
 →海外の野菜に対抗できない経営者意識の少なさ。
  儲からないなら農業を継ぐ若者は少ない。

◆トレーサビリティーは本当に必要か
 →生産履歴の追跡。安全性の保証として流行ってはいるが、
  それにかかるコストは生産者か消費者にかかる。
  しかし、それで青果物自体の味が良くなるわけではない。
  安心して買える販売員との人間関係があれば事たるのでは?

◆農業は本当に儲からないのか?
 →現状の農業生産と農作物流通の仕組みが問題
  問題提起は50年近く前にはされていたのに、慢性的に悪化している。

◆リスクを回避するカギ、「農業の法人化」と「大規模化」
 →天候不良などの経営上のリスクを、法人にすることで分散する。
  「1/1の農業から100/100の農業へ」、大規模化。
  リスクマネジメントとサプライチェーン。

◆商品を分ける三つのカテゴリー
 →「コモディティ」一般的な普通の規格品。
  「スペシャリティ」朝採り野菜やフルーツトマトなど。
  少し価値があるが購買者層は広い。
  「ラグジュアリ」ブランド品。京野菜や海外のブランド産地など。
  「スペシャリティ」がこれからのポイント。

◆視点を変えるだけで売上が何倍にもなる
 →コモディティの中に埋もれているスペシャリティを見つける。

◆スペシャリティ・アイテムの生かし方
 →販売員がその特殊性をきちんと伝えられるからこそ価値がある。

◆自立した農業を目指す
 →宣伝・広告・マーケティング・販路。
  個人農家でも顧客をつかめば安定する。

野菜ソムリエという言葉は最近出てきたのですが、
私も注目していました。
そして、都内に出来た八百屋さん「Ef」というお店も、
今までにない野菜の販売スタイルということで同じく注目していました。
この両者がこういったつながりを持っていたというのは、
初めて知ったのでかなり興味深かったです。

農業に対する危機感や、物流のビジネスモデルなど、
かなり多くの部分で共感できました。
私自身、いつかそういったビジネスが出来たらと思っていたので、
一つの理想がそこにあったようにさえ思います。

じゃあまずは、野菜ソムリエこと、
「ベジタブル&フルーツマイスター」の勉強をしようと思います!
お酒の勉強ばかりじゃだめです。笑

というわけで、今日は久々の書評でした。
ご興味のある方は是非読んでみてください。

posted by koji at 08:25| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。