2006年06月01日

「食品の裏側」 安部 司(著)

気付けば6月ですね。
ようやく通常モードに戻りたいと思います。

もうみなさんお気づきかと思いますが、
ページの様子やタイトルなどを少し変更しております。
レイアウトはそのままですので、使い勝手などは同じだと思います。

実は、一身上の都合により、
ケータリングのお仕事を一旦離れることに致しました。
お客様には、このブログのご感想を頂いたりして、
私自身とてもやりがいを感じて続けられて、とても幸せです。
引き続き、というと少し違う気がしますが、
改めまして「Koji's Kitchen Laboratory」として、
食に関する情報、ツールを発信していきたいと思っております。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。

というわけで、久々の通常モードは書評からいこうと思います。
流行の本!と思って買ったのですが、、、
出版されてからずいぶん経ってしまいました。汗

安部 司(著)『みんな大好き食品添加物 食品の裏側』
東洋経済新報社 (2005/11/10)

目次
 はじめに
 序章 「食品添加物の神様」と言われるまで
 第一章 食品添加物が大量に使われている加工食品
 第二章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?
 第三章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある
 第四章 今日あなたが口にした食品添加物
 第五章 食品添加物で子供たちの舌が壊れていく
 第六章 未来をどう生きるか
 おわりに

◆「つらい仕事は息子さんが継ぎませんよ」
 →職人に魂を売らせる「悪魔のささやき」。
  仕事が楽になる。危険性など頭になかった。

◆ドロドロのクズ肉が30種類の添加物でミートボールに甦る
 →自分も家族も消費者だった。自分の工場で作ったものを食べない人たち。
  消費者は被害者か?「添加物の翻訳者」として。

便利さの代わりに何を失っているのか。。。
posted by koji at 15:19| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。