2006年06月03日

夏には夏の野菜を。トマトがおいしい。

たまには食材のおはなしをしたいと思います。
最近はますます「旬」という言葉に興味がありますが、
いざこの野菜の旬は?と問われて言葉に詰まる有様です。。。汗
それくらい今の日本には、食材が溢れています。

tomato.jpgなので今日はかなりわかりやすいところからいきましょう。笑
トマトの旬は?
夏!ですよね!
具体的には6〜8月、といったところでしょうか。
今がまさに旬到来の時期と言えます。
といっても、スーパーで年中売っているものですよね。

正確に言うと露地栽培されたトマトの旬です。
新技術で栽培された2〜5月が旬のトマトというのもありますが、
本来はやっぱり夏の野菜です。

ナス科のトマトの起源は、南米ペルー、エクアドルと言われています。
標高3000メートルもの高原の野菜だったので、
高温多湿の日本での栽培は難しいはずですが、
品種改良や栽培方法の改善の結果、野菜の売上で日本一となったそうです。

16世紀にはヨーロッパに伝わりましたが、
最初はその色や匂いから敬遠され、観賞用だったそうです。
その後、南欧でソースや煮込み料理で使われるようになり、
世界中に広がっていきました。

日本へも17世紀には観賞用としてやってきたトマト。
明治になってからケチャップの普及とともに全国に広まりました。

湯向きは10秒くらいでOKです!
posted by koji at 21:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。