2006年06月19日

灰汁はじゃまもの??

引き分けだったみたいですね。。。
決勝はむずかしいとの見方ですが、
どうなるんでしょうか!
頑張ってほしいですね。

今日は久々に太陽を見た気がします。
梅雨はまだまだ続きそうですし、
暑さも日増しに強くなってきました。
夏バテしないように気をつけようと思います。

さて、今日は調理雑学をちょっと。
灰汁、と書いてなんと読むでしょうか。
はいじる、ではなく、アクですね。
料理をおいしく、上手に作るために、
ポイントとなるこのアクを知ることにしましょう。

漢字で書くとややこしいので、今日はアクで通します。
アクと聞いて皆さんどんなイメージを持ってらっしゃいますか?
一般的には、料理にとって邪魔なもの。おいしくないもの。
見つけたら取り除かないといけないもの。
というイメージかもしれませんね。

アク、という言葉自体に、コレ!というような定義はいまひとつありません。
食品に含まれる様々な成分のうち、渋み・苦み・不快な臭いなどの元となる不要な成分の総称、
というのが大まかなアクの定義です。

鍋奉行にアク代官・・・
posted by koji at 14:48| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。