2006年08月08日

カルパッチョは画家の名前??

カルパッチョ.jpg最近すごく早起きです。
5時起きで色々やっております。。。
うーん、そろそろおねむの時間です。笑

7月号料理王国の特集は日本のイタリア料理100年史でした。
イタリアンがブームになって10年20年はたっているかもしれませんが、
日本に初めてやってきたのはもうそんなに前のはなしだったんですね。
日本とイタリアの交流の歴史まで紹介していて、
かなりページ数もアップされた特大号になっています。
料理だけじゃなくて歴史上の話も面白い内容です。

さて、今日はイタリアンの料理の中で、
今ではすっかり市民権を得た料理についてのおはなしです。
カルパッチョ、皆さん色々食べたことがあるんじゃないでしょうか。

肉や魚を薄く薄くスライスして皿に並べ、
ソースやドレッシング、チーズをスライスしたり、
オリーブオイルやレモン果汁をかけたり。
とにかく薄くスライスされている料理ですよね。
主に加熱されたものではなく、生のものを使っていることが多いようです。
最近では魚介を使ったもののほうが、
イメージがあるかもしれませんね。

カルパッチョなんて、初めて聞いたときにはなんて変な名前なんだろうと思いました。笑
今日はその料理法もですが、
料理の歴史にも焦点を当てたいと思います。

薄くスライスするのがまた難しいんですが。。。
posted by koji at 21:01| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。