2006年10月26日

アブサンってなんだっ。

absinthe.jpg料理王国9月号はシャンパーニュの特集だったわけですが、
その中の見開き2ページの特集で、
「第9回アブサンフェスティバル」訪問記という怪しげなタイトルのものがあります。笑

アブサン、聞いたことないという人のほうが多いですよね。
お酒の名前です。

「 absinthe 」フランス語です。
ヨーロッパを代表するスピリッツの一つ。
ニガヨモギを主成分とするハーブ系のリキュールです。
アルコール度が高く、一般的には60%以上はあるようです。
水を加えると白濁するというのも特徴といえば特徴。
水や氷で割ったり、シロップを加えたり。
専用のスプーンに角砂糖を乗せてグラスの上において、
アブサンを上から注いで角砂糖を溶かすようなものもあります。

実はこのお酒、ついこないだまで入手不可能でした。
製造禁止のお酒だったんです。

ニガヨモギに含まれる香味成分、ツヨン。
これに幻覚作用などの向精神作用があるということがわかり、
1915年にアブサンの製造、流通、販売が禁止されました。
なんとも恐ろしい、、、。

Absinthe-Collection.jpg実はもともとはスイスで薬として用いられていた飲み物だったんですが、
その魅惑的な味や香りで多くの人を惹き付け、愛飲されました。
19世紀フランスの芸術家には特に、作品の題材としても使われた背景があります。

さて、そんな物騒なイメージのお酒がなんで今更特集組まれるんでしょうか。
これが2005年には解禁され、流通するようになったからなんですね。
1981年、WHOがツヨン残存許容量を10ppm以下なら承認としたことがきっかけ。
こうして90年のときを経て、アブサンが再び愛されるようになったというわけです。

といっても、日本の「どぶろく」のように、
自家製の醸造家もやはり多くいたそうな。
魅惑的なお酒はどこの国の人も目がないんですね。

さて、アブサンが禁止されてから生まれたハーブのリキュールもあります。
というか、今となってはこっちの方が一般的。
パスティスというお酒。
フランス語で「se pastiser = 似せる」が語源のこのお酒は、
ニガヨモギの代わりにアニスを中心として十数種のハーブを配合して造られます。
エドガードガ 副題 アブサン.jpg「ペルノー」や「リカール」などのリキュールがその代表。
日本でもカクテルに使ったりお菓子に使ったり、
もちろん料理に使ったりと、よく見かけるものです。
甘口ですがアニスの個性的な香りが、やっぱり人々を魅了するお酒。
違いといえば、ほのかに緑色のアブサンに対して、パスティスは琥珀色。
でも、水で白濁するのはどちらも同じですね。

私もちょっと個性の強いリキュールをかっこよく飲みたいものです。
なかなか、、、難しい個性ですけど。笑
今日はちょっと気になっていたアブサンについて、簡単にご説明してみました。
さくっと、これくらいで♪
posted by koji at 16:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

ハロウィーンにはやっぱりカボチャ。

ハロウィン.jpg10月も気付けば残り10日余りになってしまいました。。。
今月はあんまり記事をアップすることができない感じでしたが、
それでも読んでくださる方々がいること、
とても嬉しく、ありがたく感じています。
まだまだ張り切って続けたいと思います!

さて、今日も食材のおはなし。
前職、ケータリングのお仕事を辞め、
野菜ソムリエの資格を取った頃からどうしても食材のおはなしが増えています。汗
たまには違うおはなしをしたいとは思いますが、、、
なかなかどうして。笑
ということで、今日はカボチャのおはなし。

カボチャと聞いて、どんなイメージでしょう?
ホクホクほかほか、温かいイメージが私はあります。
ほっとするような煮物だったり、
優しい甘さのパンプキンパイだったり。
だから旬は冬なんだとばかり思っていました。

でも実は収穫されるのは夏。
九州で春に、北海道で夏に収穫されます。
そういわれると、ウリ科カボチャ属のこの植物。
夏野菜と一緒に畑にありますよね。
ではなぜ食べるイメージでは冬なんでしょうか。

ナンキン、トウナス、ボーフラ。。。全部カボチャの呼び方です。
posted by koji at 11:01| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

輸入フルーツと安全性

今日のタイトルはずいぶんお堅い感じです。笑
野菜ソムリエの勉強会で、
この「輸入フルーツと安全性」について学んできました。
今日はさらっとそのご報告を。

スーパーで見かけるフルーツの多くは輸入品なこと、
みなさんよくご存知ですよね。
輸入フルーツについては実は色んなウワサが飛び交っています。
農薬やワックス、害虫についての「黒いウワサ」・・・。
どこまで本当だか分かりませんが、
多くの人はそのせいで輸入フルーツに悪いイメージを持ちます。

まずは現在の日本のフルーツ消費・輸入についてチェック。

日本人のフルーツの摂取量。
 国民一人当たりの一日のフルーツ消費量は?
  →115g。
 20〜30代の1日のフルーツ消費量は?
  →70g。

国産フルーツの現状。
 消費量全体に対する国産品の割合は?
  →41%
 国産の割合が高いフルーツは?
  →温州みかん。など。

主な輸入フルーツ。
 輸入フルーツで上位3つは?
  →バナナ、グレープフルーツ、オレンジ
 輸入相手国は?
  →バナナ。フィリピン・エクアドル・台湾
  →オレンジ。アメリカ・南アフリカ・オーストラリア。
  →パイナップル。フィリピン・アメリカ・中国。

ちなみに、日本人が目指す一人当たり一日のフルーツ消費量は200g。
今日本人はフルーツ食べないんですね。
ちなみに、30〜40代男性は一日に50gくらい。。。
消費量が落ち、安い輸入フルーツに押されるのは当然かもしれません。

バナナは好きですが、、、安全かどうか、知っていますか?
posted by koji at 10:54| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

秋の味覚第何弾?今日はクリです。

??.jpg秋の味覚と言い出したらきりがないことに気が付きました。笑
今日は栗のお話です。
何かのレポートで秋の味覚第一位だとか聞いたことがありますが、
私の調べでは第一位はサンマが多いように思います。笑

まさに今が旬ですね。
8月後半から出回る早生栗から始り、中生栗、晩生栗と、11月頃まで続くでしょうか。
5〜6月に開花しますが、おいしい栗のねらい目は旬の後半。
開花してから成熟するまでの期間が長い方が味が良いそうです。

ブナ科クリ属。比較的育ちやすい木で、世界中で見られます。
日本でも各地で見られ、200種以上もあるんだとか。。。

歴史的に見ても、
おせちにも使われているように、栗は日本人にとって身近な存在です。
7世紀の終わりには持統天皇が全国で栽培するように命じたということもありますが、
最も古くは9000年も前。縄文時代の遺跡から化石が発見されています。
以前にもおはなししたクルミと同様に、
農耕が始まるまでは木の実は重要な栄養源だったんですね。

さて、現代の日本で出回っている栗。
多くはやはり韓国、中国やニュージーランドからの輸入です。
むき栗の状態で輸入されることが多いようですが、
おせちや和菓子などの消費減少により、市場は小さくなっているようです。
もちろん国産の栗にとっても同じで、
加工の手間や皮の廃棄などの問題から消費は減少しているんですね。。。

パリの道端で焼き栗を食べてみたい。。。。
posted by koji at 13:34| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

最近黒ビールがマイブーム。

何を今更と言わないで下さい。笑
ビールのおはなしは常々出てきていますので、
黒ビールがマイブームだなんて言われてもという感じかもしれませんね。汗
でも、好きなんです!笑

というのも、最近またおいしい黒ビールを飲む機会がありました。

先日うかがった東御市、はすみふぁ〜むさん。
その時、オーナー肉さんのご紹介で、
ヤッホーブリューイングさんというブリュワリーにも行くことができたんです♪
以前もご紹介しています、実は。
ビールのお話!発泡酒とのちがい(2006/8/6) のおはなしで、
「よなよなエール」というおいしいエールビールをご紹介しましたが、
そのビールの醸造所なんですね〜。
数々の賞を総なめにしていらっしゃる、素晴らしいブリュワリーです!
見学できるなんてなんてラッキー!

別にまわしものじゃありません。。。好きなだけです!笑
posted by koji at 11:53| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。