2006年10月13日

秋の味覚第何弾?今日はクリです。

??.jpg秋の味覚と言い出したらきりがないことに気が付きました。笑
今日は栗のお話です。
何かのレポートで秋の味覚第一位だとか聞いたことがありますが、
私の調べでは第一位はサンマが多いように思います。笑

まさに今が旬ですね。
8月後半から出回る早生栗から始り、中生栗、晩生栗と、11月頃まで続くでしょうか。
5〜6月に開花しますが、おいしい栗のねらい目は旬の後半。
開花してから成熟するまでの期間が長い方が味が良いそうです。

ブナ科クリ属。比較的育ちやすい木で、世界中で見られます。
日本でも各地で見られ、200種以上もあるんだとか。。。

歴史的に見ても、
おせちにも使われているように、栗は日本人にとって身近な存在です。
7世紀の終わりには持統天皇が全国で栽培するように命じたということもありますが、
最も古くは9000年も前。縄文時代の遺跡から化石が発見されています。
以前にもおはなししたクルミと同様に、
農耕が始まるまでは木の実は重要な栄養源だったんですね。

さて、現代の日本で出回っている栗。
多くはやはり韓国、中国やニュージーランドからの輸入です。
むき栗の状態で輸入されることが多いようですが、
おせちや和菓子などの消費減少により、市場は小さくなっているようです。
もちろん国産の栗にとっても同じで、
加工の手間や皮の廃棄などの問題から消費は減少しているんですね。。。

パリの道端で焼き栗を食べてみたい。。。。
posted by koji at 13:34| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。