2006年10月16日

輸入フルーツと安全性

今日のタイトルはずいぶんお堅い感じです。笑
野菜ソムリエの勉強会で、
この「輸入フルーツと安全性」について学んできました。
今日はさらっとそのご報告を。

スーパーで見かけるフルーツの多くは輸入品なこと、
みなさんよくご存知ですよね。
輸入フルーツについては実は色んなウワサが飛び交っています。
農薬やワックス、害虫についての「黒いウワサ」・・・。
どこまで本当だか分かりませんが、
多くの人はそのせいで輸入フルーツに悪いイメージを持ちます。

まずは現在の日本のフルーツ消費・輸入についてチェック。

日本人のフルーツの摂取量。
 国民一人当たりの一日のフルーツ消費量は?
  →115g。
 20〜30代の1日のフルーツ消費量は?
  →70g。

国産フルーツの現状。
 消費量全体に対する国産品の割合は?
  →41%
 国産の割合が高いフルーツは?
  →温州みかん。など。

主な輸入フルーツ。
 輸入フルーツで上位3つは?
  →バナナ、グレープフルーツ、オレンジ
 輸入相手国は?
  →バナナ。フィリピン・エクアドル・台湾
  →オレンジ。アメリカ・南アフリカ・オーストラリア。
  →パイナップル。フィリピン・アメリカ・中国。

ちなみに、日本人が目指す一人当たり一日のフルーツ消費量は200g。
今日本人はフルーツ食べないんですね。
ちなみに、30〜40代男性は一日に50gくらい。。。
消費量が落ち、安い輸入フルーツに押されるのは当然かもしれません。

バナナは好きですが、、、安全かどうか、知っていますか?
posted by koji at 10:54| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。