2006年10月20日

ハロウィーンにはやっぱりカボチャ。

ハロウィン.jpg10月も気付けば残り10日余りになってしまいました。。。
今月はあんまり記事をアップすることができない感じでしたが、
それでも読んでくださる方々がいること、
とても嬉しく、ありがたく感じています。
まだまだ張り切って続けたいと思います!

さて、今日も食材のおはなし。
前職、ケータリングのお仕事を辞め、
野菜ソムリエの資格を取った頃からどうしても食材のおはなしが増えています。汗
たまには違うおはなしをしたいとは思いますが、、、
なかなかどうして。笑
ということで、今日はカボチャのおはなし。

カボチャと聞いて、どんなイメージでしょう?
ホクホクほかほか、温かいイメージが私はあります。
ほっとするような煮物だったり、
優しい甘さのパンプキンパイだったり。
だから旬は冬なんだとばかり思っていました。

でも実は収穫されるのは夏。
九州で春に、北海道で夏に収穫されます。
そういわれると、ウリ科カボチャ属のこの植物。
夏野菜と一緒に畑にありますよね。
ではなぜ食べるイメージでは冬なんでしょうか。

ナンキン、トウナス、ボーフラ。。。全部カボチャの呼び方です。
posted by koji at 11:01| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。