2007年01月07日

やっぱり今日はこの話題 七草粥

七草.jpg世間は三連休!
休みを上手く使えば、今年も10連休くらい取れた人もいるそうですね。
私のお店でも、明日の成人式を楽しみにしているアルバイトの人がたくさんいます。
天気がやや心配ですね。。。

さて、今日は1月7日。
やっぱり話題は七草粥のおはなしでしょうか。
実はすっかり忘れて違うおはなしを書こうと思っていたわけですが。。。汗

実際、七草粥を作って食べようと思うと大変です。笑
なんせ7種類も入るわけですから。
引用で申し訳ないですが。。。

名前現在の名前科名
芹(せり)セリ科
薺(なずな)(ぺんぺん草)アブラナ科
御形(ごぎょう)母子草(ははこぐさ)キク科
繁縷(はこべら)繁縷(はこべ)ナデシコ科
仏の座(ほとけのざ)小鬼田平子(こおにたびらこ)キク科
菘(すずな)(かぶ)アブラナ科
蘿蔔(すずしろ)大根(だいこん)アブラナ科

どれもこれも、草!!って感じですよね。
七草と書くと、本来は秋の七草を指すらしく、
お正月のものは七種粥と書いて「ななくさ」と呼ぶそうです。
伝統的、風習的に食べるものではありますが、
おせち料理で疲れた胃を休める、野菜が不足しがちな冬場に野菜を摂るという、
健康面、栄養面でも理にかなったものなんですね。

いつからある風習なのか。
平安中期頃、もともとは中国から伝わったものだと言われています。

1月7日に7種の野菜を汁物にして食べるのが昔の中国のお正月。
1月15日に小豆粥を食べるのが日本の風習。
室町時代以降、その二つがあわさって、1月7日に七草粥を食べるようになったということです。
お正月の七草を七種と書くのも、
もともと小豆粥には7種「米」「麦」「栗」「ひえ」「きび」「胡麻」「小豆」が入っていたことが影響していると言われています。
なるほどなるほど。ちゃんと理由があるんですね。

七草はどれもビタミン、ミネラルを多く含んでいます。
脂溶性ビタミンも多く見られるので、
中華風のお粥で鶏肉でダシをとって作ると、栄養面で高効率、
というのもどこかのホームページで紹介されていました♪
これは是非まねて今夜やってみようと思います!

さてさて、今日はようやく季節に合ったお話をご紹介できました。笑
これくらいで!
タグ:七草粥
posted by koji at 10:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。