2007年02月27日

いちごでケーキを

イチゴハウス.jpg前回更新からずいぶん経ってしまいました。汗
気付けば今月も終わってしまいそうです。
来月はさらに忙しくなる予定ですが、
自分のスケジュール管理、タイムマネジメントを磨いて、
ブログもう更新できるようにしていきたいと思います。

前回は季節はずれなキュウリのおはなしでしたが、
今回は季節にあわせてイチゴのおはなしをしたいと思います。笑
といっても、いまではすっかりイチゴの旬が分かりづらくなってしまいました。
イチゴの需要は年中ありますよね。ケーキに使われるからです。
クリスマスケーキの時期12月にはイチゴが一番売れます。

本来の旬はいつなんでしょうか。
30年ほど前には4〜6月に出荷が集中していました。
現在では、11月から6月ごろまでと、かなり長期間出荷されます。
その理由はもちろんハウス栽培されるようになったからですね。
現在ではほとんどのイチゴがハウスの中で手厚く栽培されています。

どんどん子を増やす植物なので、「母」にクサカンムリで「苺」だそうです。
posted by koji at 13:20| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

季節はずれだけどキュウリ。

キュウリ今日はちょっととある理由でキュウリを取り挙げたいと思います。
といっても、旬とは間逆のお野菜であることはこの際気にせずに。笑
キュウリってどんな野菜でしょうか。

夏野菜!ってイメージはあんまり最近ないかもしれませんね。
ハウスで年中作られるようになりました。
本来はやっぱり夏、6〜9月に採れます。
ハウスものよりやっぱり露地もののほうが美味しいですよね。

キュウリの品種はいまではいわゆる「ブルームレス」の白いぼ系がほとんど。
ブルームとは、キュウリ自身が出すロウ物質で、表面に白い粉にように付きます。
これがかつて農薬と勘違いされたため、
ブルームレスのキュウリが品種改良によって生み出されました。

キュウリほど消費者のワガママによって変身させられた野菜もないかもしれません。
原産地はインド、ヒマラヤ山麓と言われていますが、
日本へやってきたのはずいぶん前、
6世紀ごろ中国経由でやってきたとされています。
その頃、中国で西方民族の事を「胡」と表したので、
西方から来た瓜という意味で「胡瓜」という名前になったんだとか。
胡麻(ごま)や胡桃(くるみ)も同じ理由だそうです!

本来は薬として扱われるほど苦さが強かった野菜。
江戸時代に入っても人気がなく、
「ウリ類の中でもっとも下品なもの」だとか、
「毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず。」とか、
さんざんに言われていたみたいです。。。
しかし、苦さが抑えられるように品種改良がすすむにつれ作られるようになり、
大正昭和時代に広く普及するようになりました。

栽培技術の進歩もあるはずです。
本来キュウリの苗は丈夫な方ではなく、土壌の病気にもかかりやすいそうです。
そこで60年代半ばごろから、カボチャの台木に接木する技術が導入されました。

栄養価としては実はあまりなく、、、水分が96%もあります。
強いて言えばカリウム・カロテンがあるということ。
ビタミンCもありますが、ビタミンC分解酵素も持ち合わせているので、
期待するほどでもないんですね。
やっぱりキュウリの良さは食感!香り!

ただ、現在主流のブルームレスのキュウリは、
皮が厚くて実が柔らかく、香りも抑えられているので、
昔ほどポリポリもしませんし美味しさもありません。
また、真っ直ぐなキュウリしか市場には出回りませんよね。
消費者のワガママによって昔の本当に香りと食感の良いキュウリは、
味わうことが出来なくなってしまいました。。。
よく畑に入り込んで、もぎ取ってポリポリ食べたのを思い出します。笑

最近はそんなブルームレスとは裏腹に、
地元野菜でキュウリも多く出てきてます。
一番有名なのでは、やはり加賀太キュウリでしょうか。
あるビールの宣伝でまるかじりして人気を博しましたが、
皮が分厚くてまるかじりには向きません。汗
かなりビッグサイズですし、皮をむいて肉詰めや煮物にしたりします。

私もキュウリはやっぱりサラダメインに使っちゃいますね。
生の食感がやはりキュウリの良さだと思いますし。
でも、なにげに炒め物にしてもおいしい!
ピクルスお漬け物もお酒がすすみますし、
生食だけじゃもったいない野菜です♪
というわけで、キュウリレシピを色々考えたいと思います。

それでは今日はこれくらいで!
posted by koji at 11:13| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | AMUSE diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

下北沢の地ビールハウス 蔵くらで

きづけば2月も1週間経ってしまいました。汗蔵くらメニュー.jpg
最近ほんとに暖かくて、眠くなります。
そしてぼんやりしていると物忘れがひどくて困ります。笑
メモ癖をどんどんつけないといけないんですが、
これがなかなか、メモをつけるのも忘れてしまうんですね。
どなたかメモ癖、手帳を使いこなしている方ご教授下さい☆

たまには飲んだお店の美味しい情報でも書きたいと思います。
先日下北沢で飲む機会あったのですが、
そのとき無性にビールが飲みたくなって立ち寄ったこのお店。
地ビールハウス 蔵くら さんです!

下北沢の駅から歩いてすぐのところにあるのですが、
面白い地ビールがいっぱいありましたっ。
ということで、、、飲んだビールご紹介。笑

まずは樽生からいっちゃいました。
ベアレン醸造 岩手県盛岡 クラシック
 ラガーだけどこのコクと独特の苦さはハマります。
箕面ビール 大阪府箕面 ヴァイツェン
 ヴァイツェンのフルーティーな香りが〜。地元大阪の地ビール♪
ダッチダウンビール 山梨県清里 デュンケル
 きれいな琥珀色。すっすっと飲めるけど味わいもしっかりあります。
スワンレイクビール 新潟県瓢湖 ポーター
 ポーターらしい香ばしさやほろ苦さがおいしい!
サンクトガーレン 神奈川県厚木 限定醸造インペリアルチョコレートスタウト
 バレンタインを意識してのチョコレートビール。といってもチョコレートモルトを使っているだけでチョコレートは入っていないですが、ゆっくり味わって飲む真っ黒いビールにはチョコレートの余韻が!
と、、、、国産だけでもこれだけ飲んだわけで。笑
これが全部樽生なのがすごい!
ここまで飲んでおいて、樽生じゃない国産地ビールにも突入します。。。
えぞビール アメリカ・オレゴンで醸造したものを輸入して、北海道で販売しているそうです。
その中から、、、
ひぐま濃い麦酒
なんせ濃い!真っ黒で泡まで黒い黒ビールです。ノド越しはツルンとしていてべたつくわけでもなく、苦さよりコクや旨味を感じる一本。
インペリアルスタウト'96インペリアルスタウト'96.jpg
97年に瓶詰めとメニューには載っていましたが、
瓶をよく見てみると96年と書いてありました。
なんと11年目の熟成が。。。
アルコール濃度も11.2%とかなり高めですが、
長期熟成のコク、複雑な香り、なめらかさ。。。
すでに泡立ちもほとんどなくなっていますが、
私のビールのイメージが大きく変わりました。
新しい世界に突入!笑
思わず2本も飲んでしまいました。。。1本200ccほどしか入ってませんが、
アルコール度数や濃度を考えると食後酒のような感じです。
それでも2本飲んじゃうほどのはまりよう。汗
感動しました!

他にも、おなじみヤッホーブリューイングのよなよなエール。
ランビックもあるのでブーングースを頂きました。

こうやって羅列すると、、、飲みすぎです!笑
でも、楽しい仲間と飲んでとてもいい時間を過ごしました♪

触れるの忘れてましたが、お料理も手作りで、
ドイツベルギー風の料理が楽しめます♪ビールがすすむすすむ。
けっこう色々なキャンペーンや特典があって、
また行きたいなと思うお店でした♪
うーん、しかしビールの世界は奥が深い・・・
今年はビールを中心に勉強したいと思います!


ベルギービールはヒューガルデンホワイトを樽生で!
これはもう、語る必要のない必須銘柄。でも樽生は嬉しいです。
posted by koji at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AMUSE diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。