2006年01月05日

あけましておめでとうございます!

少々遅くなってしまいましたが改めまして、
明けましておめでとうございます。
昨年同様、今年も張り切って参りたいと思いますので、
皆様、どうぞよろしくお願い申し致します。

というわけで、お正月ももうそろそろ一息ついてきました。
なんといっても今日はカレーを食べちゃいましたので。笑
皆さんどんな年末年始を過ごされましたか??

私はと言うと、例年通り実家にて寝正月でありました。
いえ、毎年何かしようしようとは思ってはいるんですが。汗
飲んで食べて、そして寝るを繰り返すんです。笑
・・・え、それがお正月の正しい過ごし方じゃないんでしょうか。。。

といってもそうダラダラばかりもしていられず、
今年はちょっと早めに仕事始めとなりました。
初日は新年の挨拶を交わしてほどほどに致しましょう。
実は今日のお目当ては、、、
雪の茅ノパッケージ.JPG
今日のお話はこのお酒のお話です!
普段大変お世話になっている酒屋さんに、
お歳暮として頂いた日本酒♪
「純米吟醸 雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」
パーティーの仕込みが終わってから早速頂いてしまいました!

秋田県由利本荘市にある齋彌(さいや)酒造店の日本酒です。
秋田山内杜氏、高橋藤一さん。
醗酵力の強い自社酵母を使うことで、
 1.櫂入れなし
 2.加水なし
 3.濾過なし
の「三無い醸造」と名づけて、新しい仕込み法を取り入れています。

さっそく一口♪
冷で頂きました。

雪の茅ノラベル.JPGフルーティーですね〜。大吟醸みたいですけど、精米歩合50%なんですね。
やわらかな程よい酸味と、優しい口当たりで飲みやすいんですけど、
純米酒のお米の旨味をかなり感じることが出来ます。
「秋田酒こまち」という酒造好適米を醸すそうです。
加水無しの原酒、生ならではというフレッシュ感。
おいしい!

とてもいい気分になれました♪
この齋彌酒造店のサイトにもリンクを張っておきましょう。
秋田の地酒 雪の茅舎
これだけ味のあるお酒なら燗にしてもよさそうです!
次は燗で飲みたいと思います。
いえ、仕事中にではないですよ。笑

と、これだけでも十二分に嬉しいお歳暮だったんですが、
なんともう一つ。
このお酒の酒粕まで頂いちゃいました♪

すごい香りがいいんですよこれがまた!!
画像を撮り忘れてしまっていますが、、、
2kgも頂いたので、一部を甘酒にしてみました〜。

甘酒といえば、どうも近年敬遠されることが多くなってしまって、
桃の節句くらいしか登場しないそうなんですが、
ほっと心も体も温まる飲み物ですよね。

甘酒を作るというと、作り方は二つになります。
麹から作る甘酒と、酒粕から作る甘酒。という感じですね。

麹から作る。米麹と米飯にお湯、塩を加えてじっくり煮て作るんですが、
これはこれでなかなか大変です。
酒粕から作るというと、
ようは酒粕を溶かすだけというようなものなので、とっても簡単ですが、
酒粕からおいしい甘酒を作るとなると、
ポイントは、おいしい酒粕を手に入れる、
これだけになります!
だからおいしい酒粕が手に入ったんなら、甘酒を作るべきなんですよね〜。笑

個人的に好みで作るものなので細かい分量は把握していないんですが、
参考資料によると、
 酒粕 200g
 水 1L 
 砂糖 30g以上 (お好みで)
 塩 (ごくわずか)
 吟醸酒(お好みで)
ちょっと適当でしたね。笑
味見しながらやってみましょう。気分もいいですよ♪

作り方は簡単。溶かして沸かすだけです。
お酒を加える場合は、沸かし過ぎないようにしたほうがいいかもしれません。
甘さはお好みで調節するのがいいですよね。
柑橘系の香りを加えるのもおすすめ。

雪の茅ノ開封済み.JPGというわけで、おいしい酒粕でおいしい甘酒を頂くことが出来ました。
年明け早々、気分がいいです。笑
本当に、贈ってくださった酒屋さんに感謝です!

今年最初の記事ですが、
お酒のおはなしというところが私らしいかもしれません。笑
今年もこのような調子で書かせて頂きますので、
本当に、皆さんよろしくお願い致します!
今日はこれくらいで。


グルメランキングです。
posted by koji at 21:13| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今年も多岐に渡る食材のお話楽しみにしております。

kojiさんのお酒の描写はとても臨場感があって、お酒を飲まない私でも飲んでみたーいと思ってしまいます。

玄米甘酒はマクロの甘味料として基本素材なのでよく使用します。玄米をおかゆ状に炊いて麹と混ぜて簡単に作れるので自宅でも甘酒から作ったりします。米と麹でこんなに甘くなるのっていうくらい甘くて美味しくて、体を緩めてくれ、大好きな食材です。

Posted by トモ at 2006年01月05日 23:58
トモさん、あけましておめでとうございます♪
そしてコメントありがとうございます!

お酒も食べ物もそうですが、もっともっと伝えきれない感じなんですが、そう言っていただけると本当に嬉しいですね。

玄米の甘酒もおいしそうですね〜。
体も心もあったまって、ほっと一息ついちゃうドリンクです。
私も今度は麹から作ってみようと思います。
Posted by koji at 2006年01月06日 00:39
kojiさん、新年おめでとうございます♪
記事の投稿を楽しみにしてたら今年の第一話は「日本酒」。ナイスセレクトです(笑)
齋彌酒造店といえば、由利正宗ですね!残念ながら飲んだことはないんですが。ついつい同じ地域の天寿酒造のお酒を飲んじゃうんです。
「雪の茅舎」純米大吟。美味しそうなのでいつか飲んで見ます!
日本酒だとコメントが長くなってしまうのでこのくらいにします(もう充分長いけど・笑)
甘酒の話は以前私も書いたことがあるのでTBさせて頂きました♪私の場合、隠し味は生姜がオススメです。

今年も楽しい記事を楽しみにしています!
Posted by えり子 at 2006年01月06日 10:55
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願いします。
酒造さんが、お酒を丁寧に作られているのが伝わってきました。
それとkojiさんも、食材や食べ物を大事に思ってあるなぁ〜と、いつも感じてます。
酒造さん直々の酒粕は、香りを嗅ぎたい位ですね。
私も甘酒大好きですが、ひと味もふた味も違ってそうです。
お蔭様で、いろんな所に興味が広がっていきそうです。♪
これからも又、食材やお料理等のお話。。楽しみにしています。
Posted by スー at 2006年01月06日 11:24
えり子さん。あけましておめでとうございます♪
新年早々から、さすが利酒師のありがたいコメント頂戴できて、嬉しい限りです!
TBも重ねて有難う御座いました♪こちらからもTBさせて頂きます☆
夏の季語なんですね!それは驚き。
今年もよろしくお願い致しますね。

スーさん。あけましておめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願い致しますね〜。
食べ物を大事に、というよりは美味しい物が好きっていうだけなんですけどね。。。笑
でも、スーさんのお菓子へのこだわりなんかはほんとに見習いたいので、今年も色々と学ばせていただこうと思います♪
Posted by koji at 2006年01月07日 01:00
kojiさん。あけましておめでとうございます!
フルーティーな日本酒。私も大好きですね。
今年も、色々な食材の紹介、楽しみにしております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by s・a・g・a at 2006年01月07日 10:39
s・a・g・aさん、あけましておめでとうございます!
日本酒の世界的な地位も年々上がってきているようですので、そちらでも手に入れやすくなっているんではないでしょうか??
焼酎ブームでもやっぱり日本酒がみなさん好きなことが多いですね♪
こちらこそ、今年もステキな写真楽しみにしております!
よろしくお願い致しますね。
Posted by koji at 2006年01月07日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11364655

この記事へのトラックバック

甘酒で風邪予防
Excerpt: 甘酒って小さい時は大嫌いでした。でも日本酒に興味を持って、利酒師になり、いろいろ飲むようになってから「甘酒って美味しい!」と思えるように。でもびっくりしたのは、甘酒には2種類あるということ。みなさんご..
Weblog: 誘惑に弱いリポーター通信
Tracked: 2006-01-06 10:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。