2006年01月24日

流行のカフェ!プロコープ!

le-procope.jpg今日はすこし簡単にお話したいと思います。
カフェブームはようやく落ち着いてきたようですが、
まだまだその魅力は大いにあります。

今日は流行のカフェのおはなしをしたいと思いますが、
この「カフェ・プロコープ」はフランスのカフェなんです。
遠いヨーロッパなのでなかなか行けないどころか、
実はこのカフェ、むかしむかしに存在したカフェなんですよ。

そう、流行ったのは17世紀末なんです!
正確には、1674年。
この「カフェ・プロコープ」は、
パリで歴史上一番最初のカフェなんです。

お店を立ち上げたのは、フィレンツェ出身のシチリア人、フランチェコ・カッペリ氏。
それよりも、プロコピオというあだ名の方が有名だったそうですが、
王室の許可を得て香辛料や氷菓、大麦湯、レモネードを販売する商人でした。
1674年にトゥールノン通りに開店しましたが、
10年後にフォセ・サン・ジェルマン通り、現在のランシエンヌ・コメディー通りですが、
その通りの、コメディ・フランセーズ一座が落ち着いたエトワール球技場の向かいに移転しました。

特徴のあるメニューがパリで大人気になったのですが、当時シチリアで人気のあった、
アラブから伝わった「shorbet(シャルバート)」という甘くて冷たい飲み物。
これが「sorbet(ソルベ)」の語源です。シャーベットです!
時代を考えると、物を冷凍保存することの出来ない時代に、
氷菓子を出すなんていうのはすごい衝撃でした。
冬に凍った凍りを深い穴に入れて夏まで保存したそうですよ。

このカフェが流行して、大盛況したのにはワケがあります。

一つは、女性が出てこれるようになったこと。
その時代、女性たちは普通、ほとんど家の中に閉じ込められたままだったそうなんですが、
このカフェにだけは出入りを許されたというんです。

そしてもう一つ。
カフェの中に、その日に起きたニュースを張り出したこと。
カフェは瞬く間に、情報交換や議論の場、うわさの発信源になりました。

こうして一躍、カフェブームがやってきたんですね!
1721年には300軒近くのカフェができ、
18世紀末の総裁政治時代には、2000を越えるまでになったんだとか!
すごいですね。

プロコープ.jpgプロコープに話を戻しましょう。
歴史上初の文学カフェともいえるかもしれません。
ヴォルテール、ディドロ、ビュフォン、ダランベール、モンテスキュー、ルソー、マルモンテルなどなどなど、そうそうたる文学者、思想家が立ち寄っては熱い討議になり、
世界を考え直し、革命思想を組み立てていったんです。

1721年のモンテスキューの言葉を引用しましょう。
「もし私がこの国の統治者だったら、カフェなど閉めてしまうだろう。なぜなら、ここに集まってくる人々は頭にひどく血が上っている。居酒屋で酔っ払わせておくほうがずっとましだ。少なくとも、酒によっても自分にしか害を及ぼさないが、カフェで議論に酔った連中は、国の将来にとって危険なものになる。」
カフェという場の影響はそこまで大きなものだったんですね。

その後、大革命時代には、代わって、
ダントン、マラー、ルジャンドル、デムーラン、ファーブル・デグランティーヌらなどがカフェの常連になっていくというわけです。

現在のカフェブームとはずいぶん違うようですが、
情報交換の場としての役目があるのは変わらないんですね。
すごく昔のおはなしでしたが、とても興味深いものでした。

今日はこれくらいで!


グルメランキングです。
posted by koji at 23:31| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初のカフェですか!
日本だけではなく、昔は女性の立場が悪かったんだなーとあらためて思いました。
そしてモンテスキューの言葉。
>居酒屋で酔っ払わせておくほうがずっとましだ。少なくとも、酒によっても自分にしか害を及ぼさないが、カフェで議論に酔った連中は、国の将来にとって危険なものになる。
・・・ものすごく深い言葉ですね。

酔っ払いなんて可愛いものってことで、酔っても許してもらおうっと(笑)
Posted by えり子 at 2006年01月25日 16:08
女性の立場の悪さは私も驚きました。そんなのやだなぁと。。。
モンテスキューの言葉だと思うと非常に重みがありますが、
えり子さんのその意見もごもっとも♪って感じでいいですね。笑
Posted by koji at 2006年01月25日 22:35
レディース バッグ ブランド オメガ 時計 中古 http://www.advanceshopboughjp.biz/
Posted by オメガ 時計 中古 at 2013年08月12日 16:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12228435

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。