2006年03月01日

ケータリング、テーマにあわせてメニューを替える

ブルスケッタ.jpgお天気がよくないですね〜
寒さも戻ってきて、うううう、肩がこります。笑
気付けば3月になりましたが、
この雨があがれば一気に暖かくなる予感がしますね!

たまには私たちのお仕事、ケータリングのお話をしないといけませんね。笑
今日はとあるイベント会場でメーカー様の展示会がありました〜。

夜から雨が降っていたので、
お客様の足にも影響があるだろうなと心配していたんですが・・・
朝一から割と多くのお客様がいらっしゃったようです♪

レセプションや展示会については、以前もおはなししたことがありますね。
レセプションでのフィンガーフードのおはなしです。
今回もフィンガーフードばかりのメニューリングですが、
展示品がイタリアのブランドだったので、
それにあわせてちょっとイタリアンテイストに♪

ブルスケッタは簡単なイタリアンフィンガーフード!
厚切りにしたガーリックトーストにチーズと角切りにしたトマト、バジル、オリーブオイルをあえたものを一緒にパクリ!

ライスコロッケもイタリア料理では、スップリといいます。
ローマの下町の味で、カジュアルフードですね。
出張パーティーケータリング東京アミューズでは、
エスカルゴをソテーにしてライスコロッケの中に入れます。
モッツアレラチーズも入れます。
本場のモッツアレラチーズをたっぷり入れたライスコロッケは、
アツアツの揚げたてを割るとチーズがトロッと糸を引きます。
その様子が昔の電話機のように見えるので、
「 al telefono 」=「電話風」という名前がつけられています。

グリッシーニに生ハムを巻きつけたものも好評です♪
ポッキーみたいにポリポリ召し上がって頂きます。

ドリンクもちょっとチェンジです。
普段私たちがパーティーで使うワインはフランス産なんですが、
やっぱりここはイタリア産がいいかな、ということで変更しました。
なかなか全てのお客様のご要望にあわせてワインを替えるというのは難しいんですが、
ご予算やパーティーの主旨によっては対応させて頂きます。

コーヒーもエスプレッソを手配。
一杯ずつ粉をつめて抽出してお出ししました。
ポータブルサイズのエスプレッソマシーンなので、
本格的なものに比べるとどうしても見劣りしてしまうかもしれませんが、
意外としかっかり抽出できるものなんです。
日本人にはあの濃度はちょっと口に合わないということもあるかもしれませんね。

レセプション会場.jpg丸一日中、お客様が入れ替わり立ち代りいらっしゃるので、
ゆっくりですが長時間のサービスになりました。
でも、もともとただのイベント会場で、
広いスペースと照明音響設備があるだけの場所ですから、
そこでお料理やお飲物が味わえる展示会場となると、
やっぱりお客様の反応もいいですよね。
ケータリングの使い方として、とても効果的に販促に使っていただけたと思います。

今日は簡単に、ケータリングのパターンのお話でした。
今日はこれくらいで!

グルメランキングです。
posted by koji at 23:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | AMUSE diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。