2006年03月21日

日本人が初めて飲んだウィスキー

桜前線がどんどん上昇して参りました。
都内でもちらりほらりと花開いている桜を見るんですが、
なんだか今年はえらく早いですよね??
早く咲く種なのかは知らないので不思議です。笑

現在ランキング強化キャンペーン!実はいまだ継続中!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

前々回の記事でマデイラ酒のおはなしをしました。ペリー来航.gif
そのときに、ペリー将軍の船に積まれて日本に初めてやってきた、
というおはなしだったんですが、
これにはマデイラ酒以外にも色々ありました。
ウィスキーもその一つ。

偶然読んでいた雑誌に載っていた話なんですが、
なんだかタイムリーだったのでご紹介しましょう。

ペリーことマシュー・カルブレイス・ペリー(Matthew Calbraith Perry)は、
1794年ロードアイランド州ニューポート生まれ。

ミシシッピー号が大西洋を横断して1852年の12月にマデイラ島、
翌年1月にセント・ヘレナ島、
ペープタウンを経由してアフリカ最南端の喜望峰を回り、
2月にモーリシャス、3月にセイロン・シンガポールに寄港し、
4月にマカオ・香港、5月に上海に着きます。

当時はスエズ運河もパナマ運河も開通していないので、
アメリカの東海岸から太平洋に入るには、
ずいぶん遠回りをしないといけなかったんですね。
この遠回りが、日本に多種多様な初輸入品を運んできた原因になるんです。

東京湾口浦賀にやってきたのが1853年7月8日。
この時幕府側から対応に当たったのが、
与力の香山栄左衛門や通訳の堀達之助、立石得十郎などでした。

実はこの時、
香山らはたびたびペリーの艦隊に招待され、
ブランデーやリキュール、ウィスキーなどを振舞われたと記録にあります。
ペリー艦隊の公式記録、「ペリー艦隊日本遠征記Vol.1」に綴られていて、
これが日本人が初めて飲んだウィスキーの公式記録になったというおはなし。

それがどんなウィスキーだったのか、
というのは記録にはありません。
でも、このおはなしを書いている記事には色んな推測がされています。

バーボン?スコッチ?
これはあるリストに「スコッチとアメリカのウィスキー」とあるそうです。
バーボンじゃないんですね。
銘柄まではわからないそうですが、
この年代、1852年の時点では、まだブレンデッド・ウィスキーはなかったそうです。
ブレンデッドが考案されたのが1853年で、エジンバラの酒商アンドリュー・アッシャーが生みの親。
それもブレンデッドではなくて、まだヴァッテッドであった時代です。

つまり、ペリー艦隊が積んでいたスコッチ・ウィスキーは今で言うシングルモルトだったと推測される。そうです。

アメリカン・ウィスキーに関しても推測が。
バーボンかどうかはわからないそうなんですが、
当時、東海岸で主に造られていたのはライ麦主体のライウィスキー。
さらに、バーボンが産業として成立するのが南北戦争後1960年以降なので、
まだまだ実用化されて間もない連続式蒸留器もその当時はまだ、
アメリカに普及していなかったと考えられます。

と、雑誌の受け売りですが、
なんだかこうやって色んな想像をめぐらせて、
歴史的な事実と照らし合わせて推測するのがとても興味深いものでした。
いきなり黒船でやってきた外国人に招かれて、
おそるおそる日本人が口にしたウィスキーの味。
それがどんなに新しい刺激だったのか、想像してみるとワクワクします。
その魅惑的な刺激とアルコールの酔いが、
日本の近代化の幕開けを加速させたのでしょうか。
色んなところに想像が働きますね。

今日はちょっと趣向を変えてみました。
これくらいで!
posted by koji at 23:31| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(4) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>いきなり黒船でやってきた外国人に招かれて、
>おそるおそる日本人が口にしたウィスキーの  味。
いつの世の中もチャレンジャーな人はいるものですね。
なんでも「初めて」食べた!という人は尊敬します。
納豆を初めて食べた人も(笑)
Posted by えり子 at 2006年03月22日 15:07
その人がみんなに何て報告したのか
気になりますね〜^^

「遠回り」も悪いことだけじゃないんですね。
日本人初のウィスキーから始まる想像。
楽しいですね。

Posted by dance at 2006年03月22日 19:30
えり子さんコメントどもです♪
初めての食べ物シリーズですね。笑
「なまこ」とかでしょうか。
納豆も絶対食べようと思わないでしょうね。。。本来なら。
不思議です。笑

danceさん、コメントありがとうございます♪
さらに記述によると、
チェリーブランデーが特にお気に入りだったそうですよ。
みんなには内緒にして独り占めしちゃうことも考えられます。笑
遠回りしないと日本にたどり着けないんですから、
それはそれでよいことなんでしょうね。
Posted by koji at 2006年03月22日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アメリカン・ウイスキーの極意
Excerpt: どこよりも安値で販売してくれていると思います。20年来、この銘柄を愛飲している主人のために・・・良いサイト見つけた!って感謝してます。・[生活] ウィスキー・ウイスキー。・[BAR・お酒] ウイスキー..
Weblog: ウイスキーがいいと思う
Tracked: 2007-08-02 00:34

ヴェリーオールド セントニック ウィンタ
Excerpt: ヘヴンヒル蒸留所から購入した原酒を独自にボトリング。9年熟成の手造りライウイスキー。「ウインターライ」とは、春に収穫したライ麦を、冬に蒸留したこと。ベリーオールド セントニックの名前の由来は、「ニック..
Weblog: アメリカン・ウイスキーの思い入れ
Tracked: 2007-08-11 13:27

【ウイスキー】ジムビーム ライ 750ml
Excerpt: このページのトップへ・マンハッタン・日本人が初めて飲んだウィスキー・ヴェリーオールドセントニック 12y・ ウィスキー マンハッタン(JAZZ &..
Weblog: アメリカン・ウイスキーへの思い
Tracked: 2007-08-11 16:12

アメリカン・ウイスキーの思い入れ
Excerpt: ダマサレたと思って飲んでみてください!この値段でこのうまさ。^^初めて入ったバーでついお代わりしちゃいました♪すっきり!さっぱり!でもふわっと!サワー&マイルドなバーボンです。^^いつも迅速に対応して..
Weblog: ウイスキーがいいと思う
Tracked: 2007-08-13 19:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。