2006年04月19日

ガスのおはなし

LPがす.gif暖かい日が続いていますね〜。
体調もすっかりよくなりましたが、
今度は予想以上の暑さにやられそうです。。。
20℃越えとかびっくりですよね。
気付けば夏がやってくるんでしょうか。汗

さて、今日はガスのおはなしをしたいと思います。
調理場になくてはならない、
というか、何も始まらないものがガス!
火が使えないと何も出来ません。

といっても最近はオール電化な調理場もあるそうで、、、
技術の進化ですね。
それはそれで今日はおいときましょう。笑
私個人の意見としては、
火をきちんと使えないと料理人としては難しいと思います。
(意外と使えない料理人はけっこういるんですが、、、)

引越しの時などでも、
ガスだけはなぜか立会いが必要です。
やっておいてくれれば楽なのになぁ、、、なんて思うのは私だけでしょうか。笑

皆さんのご家庭のガスはどんなガスが知っていますか?
大きく分けるとそうですね、
都市ガスとLPガス(プロパンガス)の2つになります。

どこがどう違うのかはよく知らないけれど、
LPガスのほうが高いのは知ってる!
という方は多いかもしれません。
今日は都市ガスとLPガスのおはなしです。

都市ガスといえば、関東だと東京ガスが提供している天然ガス。
ガス工場からガス管を通って各家庭まで供給されるので、
ボンベの設置やガス切れの心配はありません。

都市ガスにも数種類あります!
その数7グループ13種も!
そして、東京ガスでは「13A」というタイプの都市ガスを供給しています。
13Aのガスの成分は、約90%がメタンです。

一方LPガス。
「液化(Liquefied)石油(Petroleum)ガス(Gas)」のことで、
化石燃料の採掘や精製過程で分離・抽出されて生産されます。
圧力をかけたり、低温に保つことで簡単に液化するため、
こういった名前がついているそうです。

一般の家庭で使われる場合、
充填工場でボンベに詰められて定期的に交換することになります。
主な成分はプロパンやブタンなどの炭化水素。
家庭用では主にプロパンが多いため、
プロパンガスと呼ばれるんですね。
ちなみに、100円ライターなどに入っているガスもLPガス。
でも、その主成分はブタン。
用途によって少しずつ違うんです。

都市ガスもLPガスもですが、
何種類もガスに違いがあって、実際には何が違うんでしょうか。
発熱量が違います。

13Aと呼ばれる都市ガスの発熱量は、
1立方メートルあたり45メガジュールという発熱量になります。
メガジュールという単位になじみがないので分かりづらいですね。笑

さて、都市ガスに比べてLPガス、
プロパンは約2.2倍、ブタンで約2.8倍の発熱量です。
LPガスは都市ガスよりも火力が強いんですね。
つまり、LPガスのほうが、短時間、少ないガスで加熱することが出来る、
ということ。

少なくて済むならガス代安くすむんじゃないのかな??
と私は思ってLPガス業者の方に聞いてみたんですが、
結局ボンベの運送や交換などの人件費がかかるので、
その分都市ガスに比べて割高になってしまうということらしいです。
なるほど、そういわれればそうですね。
LPガスが割高な理由はそういうところだったんです。

デメリットの多いと思っていたLPガスなんですが、
さらによく聞いてみると、実は都市ガスにも数パーセントのLPガスが含まれているそうです。
これは、発熱量をアップさせるため。
また、業務用の調理場など、
特に中華料理店などの火力を必要とするお店では、
あえてLPガスを使っているお店も多いんだとか。
都市ガスの火力じゃ、プロの中華にとって不十分なんですね。。。
さすが4000年の歴史です。

ガスを含め、石油燃料の使用は地球温暖化の問題に密接です。
化石燃料の中で、二酸化炭素の排出量が一番少ないのがLPガス。
次いで天然ガス、石油、石炭となります。

タクシーなんかでもLPガスで走っている車がけっこうありますよね。
燃費や単価の安さだけではなく、
LPガスは、窒素酸化物(NOx)が少なく、
硫黄酸化物(SOx)や煤煙がほとんど発生しないというクリーン性もあります。
窒素酸化物(NOx)はハイブリッドカーよりも少ないというんですから、
かなり優秀なようですね。

うーん、なんだかLPガスばかり褒めている気がしますね。笑
というのも、私のイメージの中で、高い、都市ガスに劣る、
といった偏見があったものが覆されたからです。汗
だからといって今現在都市ガスを使っているご家庭で、
LPガスの切り替えることをオススメしているわけではありません。笑
安くて安定した供給も、都市ガスの大きなメリットですから。

今日は、調理場という設備になくてはならないもののおはなしでした。
こういった知識も、店舗開発などで必要になることと思います。
それではこれくらいで!

参考にさせて頂いたブログをご紹介。
プロパンガス料金が安くなれば助かる方のためのブログ

いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。
posted by koji at 16:12| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「プロパンガスが安くなれば助かる方のためのブログ」管理人のACCESSと申します。
今回はTBとご紹介をいただきありがとうございました。今後ともよろしく!
Posted by ACCESS at 2006年04月19日 19:05
ACCESSさん、わざわざコメント有難うございます!
TBも快く承諾してください、重ねてお礼申し上げます。
こちらこそ、またコメント頂ければ幸いです!
Posted by koji at 2006年04月21日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16769434

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。