2006年04月21日

日本酒で春の訪れを♪

あらばしり1.JPG気付けば4月も20日になってます。汗
ボヤボヤしていたらほんとに月日が経つのは早いですね〜。

季節がどんどん変わっていきますが、
日本には四季を感じるものがたくさんあるように思います。
海外で生活したことがあるわけじゃないので、
その良さを比較できないのが残念ですが、、、
自分で感じられるだけでも素晴らしいことですね。

四季の変化を感じられるものには、
気温や日照時間、生き物や食べ物の変化、
年間の行事などもあります。

でも今日は、日本酒で季節を感じることのおはなしです。
やっぱりお酒です。笑

最近自宅の近所で気になる酒店を見つけてしまいました。
前を通るたびに、いつか入ってみよう入ってみようと思っていたんですが、
今日ようやく、晩酌用になにか欲しくて行ってみたんです!笑

入りやすい雰囲気の入り口と明るい店内♪
個人の酒店の割には広くて、見やすいお店です。
洋酒、焼酎、ワイン、日本酒と幅広くあり、
調味料や自然派食品まで取り扱ってらっしゃいます。

というわけで、早速物色 & 購入♪
感じのいい店長さんとお話しながら、楽しくなってしまい、
焼酎、ワイン、日本酒と買い込んでしまう私。
バイクなのになにも考えていません。笑

というわけで、今日は日本酒を頂きました。
「滋賀・道灌 太田酒造 純米吟醸 あらばしり 無濾過」
日本酒ってどこからどこまでが商品名なんでしょうか。笑

日本酒には季節によって旬のお酒があります。
通年で出回っているものが一般的ですが、
造りの工程でその時期に造られることがあるんですね。

◇初しぼり しぼりたて新酒生酒
 1月ごろ、秋に穫れたばかりの新米で仕込まれた新酒です。
 出来立てほやほやをそのまま瓶詰めした、生のお酒。

◇あらばしり
 3月ごろ。モロミを搾り袋に入れて搾り出す時に、
 最初にほとばしるお酒のことで、新酒独特の香りは華やかで豊醇。
 濾過も過熱殺菌もせず、一滴の水も加えずに、みずみずしさを楽しみます。

◇新酒
 4月ごろ。まだまだみずみずしさがあり、口当たりもまろやか。

◇夏の生酒
 冬に搾られたお酒を一度も「火入れ」せずに低温熟成させたもの。
 清涼感と爽やかな香り。

◇夏のにごり酒
 7月ごろ。モロミを目の粗い布で漉しただけの白く濁ったお酒。
 イメージでは冬から春のものですが、最近では夏にも。
 冬のそれよりも、マイルドに熟成されているのが特徴です。

◇ひやおろし
 春先に搾られた新酒は、一度火入れされた後、夏の間を酒蔵で過ごします。
 その熟成期間を経て、秋に出荷されるお酒。
 秋の季節に合った温度に冷やされて卸されることから、
 「ひやおろし」と呼ばれるようになったとか。

と、こんな感じです!
そういえば、ラベルにこういった名称が入ってるもの見かけますよね。
ちゃんとした意味があるんですね〜。
あらばしり2.JPGそして秋にはお米を収穫して、日本酒の仕込みがまた始まるというわけです。

今日飲んだお酒もおいしかったです♪
吟醸香はもちろんですが、さらりと飲みやすい口当たりと酸度、
割と高めのアルコールを感じさせない、生酒のみずみずしさで、
クイクイいけちゃいます。
ちょっと酔いの回りがいいですね。笑

ようやく近所で信頼できる酒店を見つけることができました♪
HPを発見できたので、
ちょっとご紹介です!
岩崎酒店
歴史ある蔵元だったんですね。
同じ建物に、ホールとギャラリーを運営されていらっしゃいます。
ご近所の方は是非どうぞ♪

今日は久々にお酒のお話でした。
また焼酎とワインのおはなしもしたいと思います。笑
今日はこれくらいで!


いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。
posted by koji at 23:04| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kojiさん!ご無沙汰しています♪
私が離島に行ってる間に復旧されたようで、すっかりお祝いを言いそびれてしまいました(汗)
復旧してよかったです。これでまた私の楽しみがひとつ戻ってきました〜

さて、日本酒ですね。
すっごくわかりやすく解説してくださって
親切な利酒師さんもきっとびっくりです(笑)

今後も楽しく、ためになる記事を期待しています!
Posted by えり at 2006年04月24日 12:45
kojiさん!ご無沙汰しています♪
私が離島に行ってる間に復旧されたようで、すっかりお祝いを言いそびれてしまいました(汗)
復旧してよかったです。これでまた私の楽しみがひとつ戻ってきました〜

さて、日本酒ですね。
すっごくわかりやすく解説してくださって
親切な利酒師さんもきっとびっくりです(笑)

今後も楽しく、ためになる記事を期待しています!
Posted by えり子 at 2006年04月24日 12:45
すみません、2回投稿してしまいました(泣)
削除してくださいね。
Posted by えり子 at 2006年04月24日 12:47
私も最近なぜか日本酒が飲みたくなり
地元の「一の蔵」ってのを飲んでみました。

日本酒は苦手ですが飲みやすかったです。

kojiさんの記事でこんなにたくさん分類されていることを初めて知りました。
日本酒は奥が深そうですね^^
Posted by dance at 2006年04月24日 18:11
えり子さん、コメントありがとうございます♪
利酒師の方もびっくりでしょうか。笑
いえいえ、私がご紹介できるのは浅く広くですから。
最近は日本酒にもワインにも焼酎にもウィスキーにも興味が尽きず、肝臓と相談する毎日です。汗
またこれからもコメントよろしくお願い致します!

danceさん、コメントありがとうございます!
一の蔵も有名なお酒ですよね。
私も地産地消の観点からも、日本酒の文化はもっと大事にしたいなと思います。
最近では焼酎の方が人気があるので、
日本酒を造っていた蔵元さんが焼酎を造るのもよくあることのようです。
私も色んなおはなしをご紹介できるようにして、
ちょっとでも皆さんにご興味を持っていただけたらなと思います。
またこれからもよろしくお願い致しますね♪
Posted by koji at 2006年04月25日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。