2006年05月09日

ボルドー シャトー・ペトリュス

シャトーペトリュス.jpg前記事の続きになりますが、
デキャンタージュのおはなしをしたのにはきっかけがありました。

シャトー・ペトリュス 1992
ボルドー ポムロルのトップシャトーです。

お客様のお持込があったので、
デキャンタージュすることになったというわけで、
ずいぶん緊張しました。汗

まだそんなに澱も出てなかったので、
運よく手際の悪さが目立ちませんでした。笑

しかも、ご好意で少しテイスティングさせてもらえたのです!
嬉しい限りです!

ボルドーでポムロルといえば、
メルロー種の最高品質のワインです。
なかでもシャトーペトリュスと言えば、
ボルドーの赤ワインのトップシャトーの8つのうちの一つ。

ラベルに印刷されている人物は、
十二使徒の中の首位権をキリストによって与えられ、
「この岩の上にわが教会を建てむ」といわれた「岩」、
初代教皇のペテロだそうです。

カベルネ・ソーヴィニヨンに比べて、
比較的早熟ですが、
柔らかでビロードのようななめらかさをもつのがメルロー種。
あんずのフルーツケーキのような甘い香り、
熟した濃い色が特徴です。
糖度があるので、粘度もボリュームもかなり強め。
飲んだあとのホワっとするアルコール感もあるのですが、
香りの余韻の長さが素晴らしいワインです。
ポムロル特有のスパイシーさもある。ということです。
そこまで難しくて感じられませんでしたが。汗

もうちょっと熟成してもいいのかなと思いましたが、
これでもお値段を聞くのがためらわれました。。。
素晴らしいワインを本当にありがとうございました。

というわけで、
今日はちょっと手短に。
今からニューヨークへ刺激を求めに行ってきますので!
また帰ってきたらおはなしいたします。

いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。
posted by koji at 09:36| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒のお話 ワイン集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワインのことよくわからないので勉強になりまーす!
私もデキャンタージュされるようなワイン飲んで見たいです。
っていうかニューヨークですか!?
い〜なあ・・
Posted by dance at 2006年05月10日 18:45
danceさん、お返事遅くなってしまいました。
ただいま戻ってまいりましたよ♪
デキャンタージュする必要があるワインは私もほとんど飲んだことがありません。
まして、自腹で飲んだことは一度もありません。笑
ニューヨークのレポもアップしますので、
是非読んでみてくださいね♪
Posted by koji at 2006年05月17日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。