2006年06月03日

夏には夏の野菜を。トマトがおいしい。

たまには食材のおはなしをしたいと思います。
最近はますます「旬」という言葉に興味がありますが、
いざこの野菜の旬は?と問われて言葉に詰まる有様です。。。汗
それくらい今の日本には、食材が溢れています。

tomato.jpgなので今日はかなりわかりやすいところからいきましょう。笑
トマトの旬は?
夏!ですよね!
具体的には6〜8月、といったところでしょうか。
今がまさに旬到来の時期と言えます。
といっても、スーパーで年中売っているものですよね。

正確に言うと露地栽培されたトマトの旬です。
新技術で栽培された2〜5月が旬のトマトというのもありますが、
本来はやっぱり夏の野菜です。

ナス科のトマトの起源は、南米ペルー、エクアドルと言われています。
標高3000メートルもの高原の野菜だったので、
高温多湿の日本での栽培は難しいはずですが、
品種改良や栽培方法の改善の結果、野菜の売上で日本一となったそうです。

16世紀にはヨーロッパに伝わりましたが、
最初はその色や匂いから敬遠され、観賞用だったそうです。
その後、南欧でソースや煮込み料理で使われるようになり、
世界中に広がっていきました。

日本へも17世紀には観賞用としてやってきたトマト。
明治になってからケチャップの普及とともに全国に広まりました。

日本ではトマトは基本的に生食ですよね。
それ以外だとケチャップがトマトを使ったものですが、
丸ごとのトマトをソースにするようになったのはここ最近のことです。
ヨーロッパでは赤色系のトマトは加熱調理用になることが多いようです。
酸味と香りが強く、縦長の形。
収穫量が多く、保存の利く状態に加熱処理することが当たり前なので、
日本のように生食だけの野菜というイメージはありません。

日本でトマトのイメージとして外せないのがファーストフード。
中でもそうですね、ハンバーガーです。

長い間トマトの収穫は青い時に行われ、
お店に並ぶ前に追熟させる「青もぎトマト」が主流でした。
やがて、先のとがった「ファースト系トマト」が出回るようになります。
このトマトは種の周りのゼリー状の部分が少なくて果肉が多く、
薄く切っても崩れにくいのが特徴です。
ファーストフード店の全国的な普及の裏に、
トマト業界の新たな品種の普及が進みました。

1984年に登場し、その後大人気となったのがご存知「桃太郎」。
真っ赤に完熟してから収穫する方法により、
それまでにない甘さ、適度な酸度を持つトマトとなります。
果肉もしっかりして、収穫後の痛みも少ないメリットもあり、
一気に大ブレイクしたトマトです。

トマトの栄養と言えば、ビタミン類やミネラル類。
中でもビタミンC、ビタミンB6、ルチンなどなど。
旨味成分としてはグルタミン酸、アスパラギン酸、クエン酸など。
あと、最近注目される成分として「リコピン」がありますね。

トマト特有の赤い色素の成分であるリコピン。カロチノイドの一種です。
老化防止の抗酸化作用や、ガン、動脈硬化の予防に効果的、などなど。
現在では報告のみという段階ですが、
様々な効果が期待できる成分です。
リコピンのポイントはもう一つ。
加熱しても壊れないという点です。
ビタミン類などと違って、加熱調理しても十分に生きているといえます。
ですから、水分を飛ばしたりして濃縮したりすると、
より効率的に摂取できます。

キンキンに冷やして食べると美味しいイメージですが、
保存するときは冷やしすぎる必要はありません。
実は7〜10℃くらいが保存に適しているんです。
野菜室くらいがいいと思います。

世界中でブドウの次に生産量の多い野菜です。
英語では「ラブ・アップル 愛のリンゴ」。
イタリア語では「ポモ・ドーロ 黄金のリンゴ」。
フランス語では「ポム・ダムール 愛のリンゴ」などなど、
ステキな愛称がつけられているほど。
世界中での人気の高さをうかがえますね。

簡単トマト料理といえば、カプレーゼでしょうか。
「Insalata di Caprese インサラータ・ディ・カプレーゼ」が、正式名称の、
カプリ風サラダのことです。カプレーゼだけだと、カプリ風、ということですね。
capresse.jpg
モッツァレラチーズとトマトにバジルを添えて、
エクストラバージンオリーブオイル、塩コショウで味付け。
いたってシンプルなサラダです。
シンプルな分、こだわる人は色んな定義があるようですが・・・
チーズは手で裂かなきゃいけないとか、
スライスするにしてもトマトとチーズの厚さを同じにするとか、、、
タマネギやニンニクをあわせる人もいるようですが、
難しく考えないのがこういった料理のいいところです。
色合いも赤白緑ととってもキレイなので、
ちょっとオシャレなオードブルの一品としてもいいですよね。

というわけで、今日は久々に食材のおはなし。
メジャーもメジャーなトマトのおはなしでした。
冷やしてビールと一緒に♪が私の食べ方です。笑
栄養を丸ごと摂りたいならもちろん丸かじりが一番です!
今日はこれくらい。


いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。
posted by koji at 21:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KOJIさま
 コメントありがとう!
 サンマルクいかれたんですか?
 トラパンを目撃しましたか?
 
 そう!言われてみれば今の時期って旬の野菜は
 何なんでしょうね???
 中途半端なシーズンですね!
 トマトは私も大好きです!
Posted by オーゴンカープ at 2006年06月05日 20:47
オーゴンカープさん、コメントありがとうございます。
サンマルクさんのほうじゃないんですよ。汗
中華料理のほうです♪
トラパンは残念ながら目撃していないので、
近々近所のサンマルクさんにいってみます。

時期的にはちょっと中途半端ですよね。
夏に向けてパワーをためている頃でしょうか!
Posted by koji at 2006年06月06日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。