2006年06月25日

ようやく・・・調理師?

サッカー・・・・
もう何も言わないことにしましょう。汗
みなさん、寝不足でご苦労様でした!

今日は6月25日。
ちょっとした試練の日でした。
東京都調理師免許試験。
実は私、今まで調理師ではありませんでした!
ということで、今回受験することになったんですが・・・

お昼過ぎ、雨が降ったりやんだりするなか、
多くの受験者が、世田谷の東京農大に集まりました。
うーん、、、すごい人数。
若い人ももちろん多いんですが、
年齢層は実は幅広い感じです。

調理の専門学校に1年通うとそのまま調理師の資格を得られる場合があります。
が、私の通っていたのは専門学校ではありませんでした・・・・
なので調理師の資格はなく、
今回ようやく受験して、合格すれば調理師と名乗れます。笑

学校に行かずに調理師になるには、
まず飲食店で調理の業務に携わっていないといけません。
その期間が2年。
アルバイトでもなんでも、
また、2年間ずっと同じ職場でなくてもかまいません。
とにかく2年間調理業務に携わっていれば、
受験資格を得られます。
働いているお店に証明書を書いてもらうわけです。

調理師免許の試験は、
厚生労働大臣が各都道府県に任せる形で、
自治体ごとに執り行われます。
ですからそれぞれの都道府県で違いますが、
東京都では年2回実施されているようです。
ほとんどの道府県では年1回のようですが、
東京都は受験者が多いからでしょうね。

問題はマークシート形式で60問。
基本的な法規、法律の問題から、公衆衛生。
栄養学、食品学、感染症、食中毒、寄生虫、調理理論や食文化の問題まで、
割と幅広い分野の問題が・・・・
どうも昔に比べると少しは難しくなっているようです。汗
時事問題や最新の研究結果の問題なんかも出てくることもあるようで、
勉強しなければならないことは思いのほか広かったです。

・・・・受かってればいいんですが、
ちょっと微妙です。笑
フィフティーフィフティーといった感じです。
結果は・・・・良かったときのみご報告いたします。笑

時事ネタというところで、
もう一つ簡単に取り上げましょう。
このブログでも何度も話題にしていますが、
またまた牛肉問題です。
今月、21日午前、アメリカ産牛肉輸入の再々開が合意されました。

簡単に経緯を振り返りましょう。
ずいぶん長い間輸入が禁止されていて、
去年12月、ようやく再開のめどが立ち、輸入が再開しました。
が、今年に入ってすぐ、1月20日には成田で検疫にひっかかります。
除去されていなければならないはずの特定危険部位(SRM)が混入していたため。
あえなく輸入ストップとなります。

この去年の12月、輸入再開にあたって、
もちろんこういった間違いのないようにマニュアル化され、
牛肉工場では徹底されているはずでした。
そのとき日本が査察で訪れたのは全部で11箇所の工場。
その他の工場についてはアメリカで指導するということで、
輸入再開の合意に至ったというわけです。

今回の再々開では、35箇所の工場の査察。
3倍以上の数にはなりましたが、
だから安心かと言われるとかなり微妙ですよね。
どういったチェックが行われ、
その結果どうだったのか、という報告がほしいところです。

次にまた同じような過ちが起きたらどうなるんでしょうか?
また輸入をストップするのでしょうか?
と思っていたら、今後は全面停止の見込みはないとの発表もあります。
どうなることやら。
今後もまだ見守っていく必要がありそうです。

もちろん喜ぶ人も多いと思います。
今まで高騰し続けていた国産牛も、
ちょっとは値が落ち着けば助かりますね。
ただ、輸入再々開となっても、
すぐに以前の市場シェアが回復するというわけでもないというのが現実。
消費者の意識もすぐに変わるのは難しいでしょう。

今日は話題が飛びましたが、
どちらもご紹介程度。
次回はしっかり書こうと思います!


いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。
posted by koji at 23:17| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪早速お邪魔しました〜

試験受けられたんですね?お疲れ様でした。
無事吉報が届きますように!
(私の上司は、エンジニアなんですが実家が鮮魚店なので2年の条件はパス... 免許保持者だと聞きました。)

牛肉問題も、まだまだ不安が残る状態ですね。
Posted by 直見 at 2006年06月30日 05:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19849404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。