2006年07月20日

クスクス。れっきとした料理名です!

今日は雨が降るかなと思いきや、
なんだかんだで降らずにいたようです。
各地で大雨の被害が相次いでいるようですね。
皆さん、身の回りにもお気をつけを!

さて、今日はサクッといきたいと思います。Couscous.jpg
食材と言えば食材ですが、
どちらかというと料理の一品と言えますね。
クスクス。
ご存知でしょうか?

私はこの料理は名前がなんとも可愛らしいので好きです。笑
一見すると、なんだろう??ピラフかな??とも思えるようなルックスですが、
実は立派なパスタであると言えます。
もっと正確に言うと、世界最古にして最小のパスタ!
パスタの最初の原型と言われています。

クスクス.jpgデュラムセモリナ小麦で作ります。
石臼で挽いて粉にし、塩水を加えて練ったものを、
手のひらでポロポロと小さな粒状にしてふるいにかけて漉し、
天日に干して乾燥させれば、食材として完成です。

もともと北アフリカの先住民族、ベルベル人の伝統料理。
飯状に炊いたり蒸したりしたものを、
肉料理や野菜スープと一緒に頂くのが一般的なクスクスの頂き方。
といっても、広いアフリカの大地に幅広く広がった食材で、
地域などでそれぞれの作り方、それぞれの食べ方が広がっていたという歴史もあります。

現在ベルベル人が最も多く住むのがモロッコ。
モロッコではクスクスを食べるのは決まってイスラム教の休日である金曜日。
あくまでも家庭料理ですが、
20世紀に入り、イスラム圏でもクスクスは市民権を受けて広まります。
さらに、地中海を挟んで、スペインやイタリアなど、
地中海沿岸地域にも広まりましたし、
さらにさらには、クスクス食圏を植民地にしていたフランスにも
最終的には伝わっていったと言います。
現代の日本のイタリアン、フレンチのレストランでも、
まれにクスクスを見かけることがあるのはこうした背景があって広まった結果なんですね。

さて、食べ方作り方についてもう少し。
ようするにパスタ用の小麦粉を粒状にしていますから、
これに水分を含ませて茹で上げ、蒸しあげ、炊き上げる必要があります。

北アフリカの家庭では、一つはクスクス専用鍋があるらしいんですが、
これは上下で2段になっている蒸し器のようなもの。
下の段には風味のベースとなるだし汁やスープを入れて沸かし、
その蒸気で上の段に入れたクスクスを蒸し上げるといったもの。
ただ、この方法でとっても手をかけて作ると、
5、6時間以上もかかることがあって、けっこう大変なようです。。。

普通私たちがクスクスを使うときは、もっと簡単な方法を用います。
熱湯と塩をクスクスと一緒にあわせてよく混ぜたり炊き込んだり、
そこにオリーブオイルやバターを加えてコクをつけたりしますが、
いずれにしてもきっちり蓋を出来るようにしてクスクスに火が入るのを待ちます。
ですが、やっぱり専用の鍋を使って蒸しあげたクスクスには敵わない・・・
ということらしいです。食べ比べてみたい!

大皿にドーンとたっぷりクスクスを乗せ、
そこに肉や野菜を重ねて置き、上からスープをかける。
それを家族や仲間で囲んで、手でつつきあって食べる。
日本の鍋料理と同じような感覚が、そこにはあるのかもしれません。

日本の食の流行も、フレンチ・イタリアン・スパニッシュ・ポルトガル・・・
というふうにどんどん南下してきていますから、
そろそろひょっこり地中海を渡り、北アフリカ料理が流行るかも、
なんて意見もあるようです。
そういった意味では確かに!
私もクスクスが日本でもメジャーになる日がくるのを楽しみにしたいと思います。

それでは、今日はこれくらいで!
posted by koji at 20:52| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クスクス。

  クスクス。    クスクス。

響きがいいですね〜楽しそう。
僕の最初の出会いはモロッコでしたよ。
最初は”ナンジャコりゃぁ”って感じでしたが、いつの間にか好きになっていました。

友人が和風仕立てにしてくれたのが記憶に残っていますねぇ。
Posted by スロフ☆ at 2006年07月21日 10:38
おおっ。タイムリー話題ふたたび。です。
先日でかけたパン屋さんで「クスクスのパン」を売ってまして、一部冷凍保存中です。
クスクスって、ちーーさい豆かと思っていたのですが、違うんですね。
勉強になりました。
今からお昼にクスクスパンを食べます!

クスクス・・・10回繰り返すと疲れます(笑)
Posted by えり子 at 2006年07月21日 12:10
スロフ☆さん、コメントありがとうございます♪
クスクスの発音は地域によって様々みたいですが、日本ではかわいい響きですよね。
本場で食べるクスクス、味わってみたい!
それが最初の出会いだなんていうのもステキです☆
正直日本でおいしいクスクスに出会うのってあんまりないような気がします。

えり子さん、コメントありがとうございます!
クスクスのパンですか〜。
テクスチャがおもしろそうですね!
見た目は確かに小さな豆のようですし、
小麦が素にはあんまり見えませんよね。
クスクス・・・10回は確かに多いです。
途中で数えられなくなりそうですが。笑
Posted by koji at 2006年07月22日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。