2006年12月11日

玄米のちから

玄米、食べてます。
ついに白米から玄米オンリーに代わってしまいました。笑

少し前に、おなじみ、はすみふぁ〜むさんから送っていただいた玄米なんです。
白米と違って手間はややかかりますが、
おいしく頂いています。

そんな玄米ですが、なんとなく体にもいいイメージ。
じゃあみんな食べればいいのに。と思いますが、
白米に比べるとやっぱり、おいしい!という感じではないのかもしれませんね。

玄米ってどんなお米なんでしょうか。
稲穂を刈り取ってから、白米とどう違う道を辿るのか、ご存知ですか?
そんなにむずかしいことではありませんが、
玄米とは、稲の籾殻を取っただけの精白されていないお米です。

お米はもともと、「胚芽」「ぬか層」「胚乳」というパーツがあります。
ぬか層にも3層あって、果皮・種皮・澱粉層です。

精米度合いによって、名前があります。
玄米
もみ殻だけを取り除いたもの
三分づき米
→果皮のすべてと、種皮の一部まで取り除いたもの
五分づき米
→種皮の半分程度まで取り除いたもの
七分づき米
→澱粉層の一部まで取り除いたもの
胚芽精米
→胚芽を残して、ぬか層のすべてを取り除いたもの
白米
→胚芽も取り除き、胚乳だけ残ったもの

ということは、玄米を田んぼに植えるとまたは目が出てくるんですねぇ〜。

玄米オンリーのお米って、いままであんまり食べたことがありませんでした。
けっこう硬めに仕上がります。
これは、白米に比べるとやはり表面を覆う層が多いためですね。
おいしいご飯の炊き方の記事にも書きましたが、
お米が炊ける=糊化するためには、水分が必要です。
そのため、浸水にもかなりの時間(一晩とか)が必要ですし、
炊く際には強い火力や長時間の加熱が必要なんですね。

玄米のおいしい炊き方をネットで調べてみると、
圧力鍋や土鍋炊きが多いようです。
圧力をかけると独特のプチプチした食感ではなく、白米のようにふっくらと炊き上げることができます。
土鍋炊きでは、独特のプチプチ感がしっかり残ります。
どのレシピにも、塩を一つまみ加えると書いてありますね。
私も土鍋で炊いています!

栄養価としてはどうなんでしょう。
皆さん知っての通り、お米の栄養の多くは、外皮、ぬか層、胚芽にあります。
ということは、白米にはほとんど残ってないということ。
玄米は特にビタミンB1は精白米の4倍以上もあります。
食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍、ビタミンB2は2倍と、
その差はかなり歴然。
一緒に野菜のビタミン・ミネラルを摂取するのが効果的なんですね〜。

しかし、反面、残留農薬を心配する声もあります。
白米よりもイメージ的にはそうかもしれませんが、
残留農薬検査は玄米の段階で行われるらしく、
農薬の残留は、通常定められた使用方法を遵守する限りは安全である、
というのが本当のところ。
これは以前にもレポートで書いたことがあります。
安全と安心。
難しい問題ですが、安全性は、白米と玄米、特別栽培有機栽培と慣行栽培に、
大きな差はないということです。

マクロビオティックのおはなしを以前したことがあります。
このマクロビオティックの基本にも、主食として玄米がすすめられています。
「一物全体」という大切な考え方で、全粒穀物の摂取は理にかなっているんですね。
栄養面の高さと、しっかりした食感は咀嚼を促し、唾液がしっかり出ます。
消化吸収を助けることができますし、
早食いが出来ないので食べ過ぎることもなくなるということ。
玄米の個性をとてもよく捉えた考え方です。

でもそろそろ白米も食べたくなってきたかも。。。笑
買いに行こうと思います。
今日はこれくらいで!
posted by koji at 14:06| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ☆
私は長いこと発芽玄米を混ぜて炊いてましたが、
最近は麦を混ぜてます。
今受講している「ダイエットマスター」で頂いた”ダイエットレシピ300食”の本には、やはり玄米食が主食になっていました。
炊飯器で炊けるのかな?
是非食べてみようと思います。
Posted by ミニー at 2006年12月14日 13:21
ミニーさんコメントありがとうございます♪
ダイエットマスター、さすがの数字ですね。300食!
炊飯器にも玄米モードみたいなのが最近はあるようですが、うちの炊飯器にはついていません。
それでも炊けますよ♪
ポイントは、浸水をかなーり長時間(最低6時間とか。一晩つけておくとか。)行うといいそうです。
塩をひとつまみ。昆布と一緒に炊くとおいしく炊けます。
是非お試しを!
Posted by koji at 2006年12月15日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マクロビオティックのレシピ紹介にあたって
Excerpt: 本サイトを通じて、個人的にレシピが充実してるなと思ったサイトからの引用という形ではありますが、マクロビオティック料理のレシピを紹介していきたいと思います。
Weblog: 話題のマクロビオティックを実践しよう!
Tracked: 2006-12-18 13:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。