2005年06月27日

シュー!

シュー.jpgさくっとした表面の皮。
口に入れるとしっとりと広がるクリーム。
シュークリーム。
おいしいです。

ケーキ屋さんの定番と言ってもいいですね。
お店によって配合に工夫を凝らして、
色んなバリエーションが楽しめるのもシュークリーム。

Choux a la creme(=シュー・ア・ラ・クレーム)
がフランス語。クリームのシュー、です。
シュー生地を作るのは意外と簡単。
水、バター、塩を一緒に沸かして小麦粉を加えます。
生地がまとまったらボールに移し、適度な柔らかさになるまで溶き卵を加えます。
絞り出してオーブンで焼くだけ。
文章にすればこれだけですね。

水の変わりに牛乳を使ったりもしますし、分量の配分によって生地も変わってきます。
焼くときはむやみにオーブンの蓋を開けないこと!
冷たい空気が入ると膨らまないからですね。ポイントはそんなもんです。笑

丸型に絞れば定番シュークリーム。
棒状に絞れば、そう、エクレアですね。
エクレアもいいですよねぇ。

Choux シュー はフランス語で、キャベツのことを言います。
キャベツ。似てますね。。。似てると思います。笑
けっこう強引ですが、日本でシューといえばキャベツよりもシュークリームのシュー。
定着してよかったですね。

私たちもパーティーで使います。
デザートで使うこともありますが、
小さなシューを作って一口オードブル、アミューズとして使うことも。
甘いクリームを絞りいれる代わりに、
チーズを使ったクリームや、イクラやキャビアをあわせたりもしますね。
生地に砂糖を使いませんし、塩味のクリームもよく合います。
なにより、小さくて可愛らしいフォルムがパーティーのフィンガーフードとして、
大変役に立つアイテムになっています。


グルメランキングです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。