2005年08月30日

ビオロジー?ビオディナミ?

流行の単語をちょっと取り上げてみようと思います。
流行といっても、一時ほどの熱はないかもしれませんね。

無農薬、オーガニックと言う言葉は、すっかり日本でも定着して、
今や当たり前のようにスーパーで目にすることができます。
無農薬やオーガニックのおはなしは、以前もしたと思います。
今日は、それと似たような意味を持つ、ビオロジー、ビオディナミという言葉についてです。

おさらい程度でオーガニックとは。
ほとんどの合成殺虫剤や化学肥料、下水汚泥を使用した肥料、放射線照射、遺伝子組み換え技術などなどの使用を認めないもの。
ただ、ほとんど、というだけであって、低農薬でもオーガニックに含まれる場合もある。
条件や制限はけっこうあります。

ビオ。bio。生命の意味です。バイオですね。

ビオロジー。biology。といえば、単に生物学のことですが、
ビオロジー農法といえば、いわゆる有機農法。
化学肥料、除草剤、殺虫剤などを使用せずに栽培します。
オーガニックと同じように使われると思っていいと思います。
ビオロジックともいいますね。
ちなみに、低農薬栽培の農作物には「リュット・レゾネ」という別の名称もあります。

ビオディナミ。「生命(ビオ)のエネルギー(ディナミー)」という意味を持っています。
ビオロジーとどこがどうちがうんだと言われると、これまたマニアックです。

ビオロジーの発展型と言えるでしょうか。
オーストリアのルドルフ・シュタイナーの思想を背景に、哲学的な考えが含まれています。
化学薬品や化学肥料には一切頼らず、土壌に本来の自然な活力を与え、
生物が潜在的に持つ力を引き出すというもの。

一番の特徴は、プレパラシオン、あるいはプレパラートと呼ばれる調合剤。
化学肥料の代わりに、自然の物質から作られる調合剤を用いるというものです。
数にして9種類があります。
代表的なものは、牛糞を牛の角に入れて冬の間、土の中に埋めたもの。
これに雨水を加えて攪拌させることによって、
「エネルギーに転化する」ことができると言われています。
それをごく少量だけ畑に散布すると畑にエネルギーが伝わるのだとか。
ちょっと怪しいですね。笑

さらにもう一つの特徴は、農作物の生育は天体の運行に関連しているという考え。
月と星座の位置関係、惑星の位置関係、月の満ち欠けなどから、
農作物の細かな年間スケジュールが定められているというんです。
「播種暦」と言うそうですが、別名「種まきカレンダー」。
そのまんまです。笑。

ビオディナミはその性質上かなり賛否両論といった感じです。
哲学的かつ神秘的な手法なので、占星術や黒魔術だと言う人もいるとか。
実際にビオディナミによって定められた決まりを守って農作業をするのは大変で、
一部のプレパラシオンだけを使っているだけ、という農家もあるようです。
考え方次第ですね。それにしてもマニアックです。笑

最近ではワインの中でも、ビオワインというカテゴリーが認知されてきました。
ヴァン・ナチュールとも言われていますね。
それについてもまたお話したいと思います。


グルメランキングです。
posted by koji at 11:13| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
ビオディナミは最近日本でも取り上げられ始めてきましたが、注目しているのは実際に自分で手を加えない評論家や一部のマニアで、当然現場にいる生産者は興味があるものの、欧米と全く違う日本の気候(雨が多く、湿度も高い。土が肥沃。。。)だと、どうでしょうかね。。。。
もちろん興味はありテスト農園はいつかやってみたいと思っているんですけど。。。
Posted by at 2005年08月31日 13:01
肉さんこんにちは!
現場的意見をお聞かせいただけて光栄です。
確かに実際にそれに則してというのはまた違うんでしょうね。
日本版ビオディナミというのを作ってみてはいかがでしょうか。。。
私はどちらかというとおそらく自分で手を加えない側となってしまうのでこんな発言をしてしまっているんですが。
生産者側の自己満足で終わらないことが重要なんじゃないかと思います。
Posted by koji at 2005年08月31日 18:30
何回もトラックバックしてごめんなさい。
体調を崩したことをきっかけに、マクロビオテックな考え方に興味を持ち始めました。

自然にナチュラルに暮らしたいですね。
Posted by 有機野菜のぶどうの木 高橋 at 2005年09月09日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6405696

この記事へのトラックバック

オーガニックで、マクロにくらそう!
Excerpt:  こんにちは 有機野菜のぶどうの木 高橋和子です。 マクロビオティック。。。いままであんまり気にとめていなかったことばでしたが、気になりだしたのは、体調を崩してから。 有機野菜やオーガニックな食材..
Weblog: 有機野菜のぶどうの木 オーガニックでマクロに行こう。
Tracked: 2005-09-09 23:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。