2005年10月21日

マクロビオティックの本

ひえの穂.jpg最近ちょっと更新が滞っております。。。
ご来訪頂いている方々、ほんとにすみません。。。
ちょっと自宅のブロードバンド環境を変更中で、
更新する機会がなかなか作れずにいます。

はい、言い訳ですね。汗

会社で書けばいいんですが、
記事を書くのって、なんだか人に見られていると落ち着かなくて進まないのです。笑
はい、やっぱり言い訳です。汗
少しずつでも更新したいと思いますので、
みなさん宜しくお願い致します。

今読んでいる本、マクロビオティックの本読んでます。
以前もビオについて取り上げたこと(8/30の記事)がありましたが、
なかなか理解しきれないところもあって、
もう少し掘り下げてみようかなと思って読んでいます。

読みかけなのですが、すこしかじりだけでも今日は。

ギリシャ語で「マクロ」=「大きい」・「ビオ」=「生命」・「ティック」=「術・学」。
その歴史は長く、「西洋医学の父」ヒポクラテスがその生みの親と言われています。
「偉大なる生命」「長寿」を意味する、「マクロビオス」という言葉で登場しました。

マクロビオティックを現代の思想として世界に広めたのは、意外にも日本人。
桜沢如一氏(1893〜1966)が「自然に則した簡素な食事=正食」を提唱し、
伝統食の大切さ、東洋思想・医学の優越性を示しました。
さらにはマクロビオティックを世界平和運動と位置づけ、
そのライフスタイルを世界中に広める活動に尽力されました。

マクロビオティックの根本的な考え方は5つ。

@穀物菜食(主食をなるべく玄米とし、副食は野菜を中心に主食より少なく食べる)
A一物全体(穀物や野菜はなるべく無駄なく丸ごと食べる)
B身土不二(なるべく土地のもの、旬のものを食べる)
Cよく噛む
D陰陽調和(食べ物にも陰と陽があり、効用を知って食べる)

ふむふむ、なるほど。単純な栄養面での食事療法というわけではありませんね。
思想や哲学的な見方で、食べることを考えています。
健康面での効果だけでなく、大局的な見方で、
肉食を改善すれば争いがなくなるというところにまで考えが及んでいます。
ちょっと難しい言い方かもしれませんが、
要は、優しい食事をすれば優しい気持ちになりますよっ。ってことでしょうか。
だいぶん簡単な表現にしてしまいましたが。笑

ストイックなイメージで、精進料理(9/12の記事)な雰囲気もありますが、
それを強要することによってストレスに感じては意味がありませんよね。
基本的に、伝統的な日本食はマクロビオティックのお手本。
そう難しく考えることなく、身近に実践できる範囲でなら、
誰でも取り組んでいけるライフスタイルなんじゃないでしょうか。

私が読んでいる本には、日本食のレシピだけでなく、
イタリアンやフレンチなどの西洋料理のマクロビオティックレシピも掲載されていて、
その思想・考え方を当てはめれば、土地の違いは関係ないんだなと思います。
そう思うと、また身近なものに感じました。

最近ではかなり関心が高まってきていますね。
私もまた皆さんにお話できるように勉強していこうと思います。

グルメランキングです。
posted by koji at 11:42| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ちょっと遅いコメントでごめんなさい。
久しぶりにのぞいたら、マクロのことが載っていてつい★
私マクロビアンなんです。
マクロのHPの作成をしているのですが、
お店のスタッフにマクロの理解者がいるって
ちょっと安心ですね。
アミューズにも何度かお世話になっていますが
私も食べられる物が結構あって嬉しかったです!
マクロはいい加減、ぐらいがちょうどいいんですよ! 一番は人生を選択するように、食べ物も選択して楽しく生きることなんですから。
これからも楽しみに読ませていただきますね。
がんばってください。
MASA
Posted by MASA at 2005年11月07日 11:57
こんにちは。ちょっと遅いコメントでごめんなさい。
久しぶりにのぞいたら、マクロのことが載っていてつい★
私マクロビアンなんです。
マクロのHPの作成をしているのですが、
お店のスタッフにマクロの理解者がいるって
ちょっと安心ですね。
アミューズにも何度かお世話になっていますが
私も食べられる物が結構あって嬉しかったです!
マクロはいい加減、ぐらいがちょうどいいんですよ! 
一番は人生を選択するように、食べ物も選択して楽しく生きることなんですから。
これからも楽しみに読ませていただきますね。
がんばってください。
MASA
Posted by MASA at 2005年11月07日 11:59
MASAさんコメントありがとうございます!
私たちの作る料理では、なかなか完全なマクロビオをお出しするのは正直難しいですが、
野菜が仕入やすい環境なので、自然と野菜の多いメニューリングになっています。
それも最近ではお客様に喜んでいただけることが多いようです。
MASAさんにも召し上がって頂けるようなメニューがあって本当によかったです。
お料理も召し上がっていただいて、その上ブログも読んで頂けて、このブログを書いていて本当に良かったなぁと思います。
これからもどうぞよろしくお願い致しますね!
Posted by koji at 2005年11月08日 03:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8414099

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。