2005年11月10日

ベルギービールを飲みました。

カンティヨン・グース.JPG久しぶりにちょっと時間があったので、
めずらしくバーなんかに行ってみました。
ウィスキーでも飲みたいなぁと思って行ったんですが、
どうやらそこはビールをメインにされているお店だったようで。。。
というわけで、世界中のビールを色々飲む機会が。

アジアンなビールは最近けっこうよく見るので、今回は飲まず、
王道かもしれませんがベルギービールに走ってしまいました。
といっても途中でカルバドスを飲んだりアメリカの地ビールを飲んだり。。。
ようはいっぱい飲んだんですが。笑

その中でもかなり個性があったビールをご紹介。
カンティヨン・グース。
小便小僧のラベルが印象的です。

ベルギービールでもかなり長い歴史を持つ、
ランビックビールの中でも、最良のランビックメーカーがカンティヨン。
その中でも、自然発酵のランビックを2〜3年熟成させたものを7割程度、
1年程熟成させたものを3割程度ブレンドして作られる種類のランビックを、
グース(グーゼともいうそうですが)と呼ぶそうです。

味!すごい!すっぱい!
最初飲んだとき、これはビールじゃないと思ってしまうほどすっぱいんです。笑
ランビックのビールももともと酸味の強いビールですが、
カンティヨンのグースはその中でも酸味が強い!
柑橘系とかそういった爽やかな酸味とは程遠い、
体によさそーーーなお酢の酸味です。笑

無濾過で、瓶の中でも二次醗酵されるビールですから、
見た目は少し濁っていますし、泡立ちもそんなによくはありません。
香りは複雑な気がします。ちょっとリンゴのような感じも。

あと気になったのは、栓の仕方。
なんとコルクで栓がしてあるんです。その上から王冠もついてます。
ランビックビールの多くはこういったコルク栓らしいんですが、
なかなか見ないのでおどろきでした。

カンティヨン・裏ラベル.JPGそしてそのためなのか、それともその酸味のおかげなのか、
賞味期限をみてまたびっくり。
2025年まで飲めます。笑
それってどうなんだろう、とか思いましたが、
よくよく考えてみると、ワインと同じようなものなので、
それも当然なのかなと思います。
話によると、ワインと同じで年月を経たほうが味がよくなるんだとか!
たしかに、酸味もその香りの複雑さもビールというよりは、
クセのあるシャンパンのようにも感じます。

最初は「うへぇ」ってなるほど酸味を強く感じたんですが、
ひとたび慣れてくるとその酸味が今度は病みつきに!
お世辞にもおいしい!というようなビールではりませんが、
私はかなり気に入ってしまいました。

最近ではこの醸造所が無農薬認可を取得したので、
現在では(Bio)バイオビールの表示がされています。
シンボルであるケシの花は、農薬を使う畑ではうまく栽培されないため、
無農薬を意味する植物としてラベルのシンボルに取り入れられたものです。

ただ、このビール、そのクセから現代にはあまり合わないのか、
伝統的な製法も廃れつつあるそうです。
そこで、少しでも飲みやすく、広まるようにと、
ランビックビールにチェリーやフランボワーズを漬け込んで、
甘く飲みやすいビールにして販売されています。
ピンク色のビールは、見た目にもかわいらしくて、とっても飲みやすいとのこと。
泡も色がついているんですね。

他にも色々、アメリカ・シアトルのレッドフックESBビール。
EXTRA SPECIAL BITTER のことで、すごい苦いビールでした。
でもその苦さも最初だけで慣れてくると、少し煮出しすぎた紅茶を飲むような、
それくらいの爽やかな苦味に感じたので、すっすっすっと飲みきってしまいました。

シメイのトラピストビール、ブルー・ホワイトの両方も味わってみました。
修道院ビールというものだそうで、これで得た利益は布教や社会事業、ポランタリー活動に使われます。
味は、修道院からの門外不出の製法で作られているんだそうです。
ブルーは中でも一番香りも味も強く、アルコール分も9%と高めなので、
かなりパンチのあるビールでした。中盤で飲むには満腹に注意です。笑

と、またなんだかのんべぇなお話でしたが、
今日はこれくらいにしようと思います。笑
こんどはジャマイカやチリのビールも飲みたいですね。

あ、ちなみにお店は有楽町駅から近くの、
フレンズというお店です。
小さなバーですが、ビールの種類は80種類くらいは置いているので、
けっこう色んなおはなしを伺いながら楽しく飲むことができました。
また行ったらそのときはご報告したいと思います。

酸味のパワーなのか、まったく二日酔いもせずに起きれました。
まさかそんな効果もあるんでしょうか??笑


グルメランキングです。
posted by koji at 23:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
お〜、大好きなカンティヨンのグース。
あまりに好きなのでこの前醸造所に
いっちゃいました。 
ブリュッセルの中でも治安の悪いところにあるので怖かったですけどビールの味に感激でした。
日本でもああいうビールがドンドンでれば
いいですね。
Posted by at 2005年11月12日 07:34
肉さんおはようございます。
醸造所に行かれたんですか!
好きなビールに惹かれてそこまでされるっていうのはすごいことです。
でも、このビールにはそこまでさせちゃう魅力がありました。
肉さん、ぜひこういうビールを造って下さいね♪
いっぱい飲みますので。笑
Posted by koji at 2005年11月13日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9195200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。