2005年11月12日

鹿のお肉でヘルシー!

chevreuilgrandveneure.jpg朝から記事を書いてアップしようとしたんですが、、、
なんだかサーバー不調のせいかできず、、、
しかも書いた記事が悲しいことにすべて消えてしまうという。。。
悲劇から立ち直って書き直しております。笑

朝が寒いですね。
秋晴れの日中は気持ちいいんですが、
朝晩の冷え込みはつらいです。。。
布団から出られません。笑

秋の味覚といえばジビエ!っていう話は最近ではちょくちょく耳にします。
フレンチも身近になってきて、ジビエという言葉も少しずつ身近になっているようですが。
ジビエとは、猟鳥獣のこと。
野生に生息する動物を狩猟して食肉にしたものを指します。

狩猟も、出来る期間が定められています。
動物の種類、地域によって様々ですが、おおよそ秋から晩冬にかけて。
ですから市場に出回るのもそのころなので、
秋がジビエの季節と言われるんですね。

ジビエは野生動物独特の個性があるので好き嫌いがわかれることがありますね。
私といえば、あの香りがたまらないジビエ好きなタイプ。笑
食べたい食べたいと思いつつ、なかなか自分で食べる機会がありませんでした。
しかーし、ようやく。
時期的にはちょっと遅れてしまってますが、
以前お世話になったレストランで食べることができました!

「鹿肉のロースト カシスのソースで」

柔らかいけれどしっかりした肉質です。
味は上品、繊細。ミディアムレアで肉汁もたっぷり含んでます。

カシス(黒スグリ)のソースというと、不思議な感じもするかもしれませんが、
鹿肉には定番のソースです。
王道の鹿肉にあわせるソース・グラン・ヴヌールも、
グロゼイユ(赤スグリ)を使うソース。
鹿肉のしっかりした味に、
はっきりとした味、重厚な濃度のソースが良く合います。
個性を引き立てあう組み合わせですね。
ちなみに、グラン・ヴヌールとは、王侯貴族に仕える狩猟頭のこと。
まさにジビエ料理にぴったりの名前です。笑

鹿肉は日本では昔からよく食べられていたお肉ですが、
やっぱり現代の一般家庭ではそうそう食卓に上るものではありませんよね。
ジビエということで、クセのあるお肉というイメージもあるかもしれませんが、
実際には赤身のあっさりとしたお肉です。

牛肉・豚肉に比べて、
脂肪分は15分の1。カロリーは3分の1。でもタンパク質は2倍。
EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの、
魚に含まれる成分も多く、特に鉄分はカキとほぼ同等です。
こうやって書いていると、なんだか鹿肉業者の回し者のようですが、
かなり美容と健康にいいお肉なんだと言うことなんです。笑

現在日本で流通している鹿肉のほとんどはニュージーランド産。
しかも実は、輸入の鹿肉は野生の鹿ではなくて、
放牧などで飼育されたものじゃないといけないんだとか。
衛生上、検疫上の問題で野生のものは国産鹿肉だけということです。

フランス産の鹿肉も輸入されています。
のろ鹿(chevreuil=シュヴルユ)・赤鹿(cerf=セール)・ダマ鹿(daim=ダン)と鹿にも色々あります。おいしいとされてるのはのろ鹿です。
ちなみに、ニュージーランド産のは赤鹿になります。

日本にはエゾ鹿もいますよね。
エゾ鹿は完全に野生動物になるので、
お肉の香り、味わいもかなり強くなります。
そして何より鮮度がいいので、カルパッチョやお刺身でも!
ローストもいいですが、
しょうが醤油で食べるお刺身はやっぱりおいしいですよね。
うーん、食べたくなってきた。笑

というわけで、自身では2度目の記事ですが、このくらいでやめときましょう。笑
栄養価の高さ、健康面での良さなど、
流通次第ではブームがやってくるかもしれませんね。
レストランのメニューで見かけたら是非ご賞味を。


グルメランキングです。
posted by koji at 23:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鹿肉がそんなにヘルシーで美容に良いなんて、知りませんでした!
これは早速試さないと。
でも自分では料理するのはムリそうなので、どこか美味しいお店を見つけてみまーす♪
Posted by えり子 at 2005年11月14日 19:39
確かに自分で、となると難しいかもしれません。
スーパーで売ってるのは見たことないですし。。。
でも最近ではちょっとしたレストランでも見つけることがあるので、見かけたときはどうぞ!
ミディアムレアな感じが最高です!
Posted by koji at 2005年11月14日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9281331

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。