2005年11月21日

テキーラ!スピリッツ部門第1位。

ポルフィディオ・アネホ.jpg紅葉が一気にすすんでますね〜。
道端にも山になってます。掃除する人々が朝から大変そうですね。
うーん。。。寒い。。。

今日はちょっと手短に。

普段、パーティー用のドリンクは取引先の酒屋さんに届けてもらっています。
かなり協力的にして頂いていて、私も仲良くさせて頂いてます。
お酒の話が盛り上がってくると、
いいお酒、美味しいお酒、変わったお酒を教えてくれて、
さらにそのお酒のうんちくまで教えてくださいます。

今日はその教えていただいて、さらにサンプルまでもらったお酒をご紹介。

「ポルフィディオ・アネホ」
ポルフィディオ社のテキーラです。

テキーラと言えば、メキシコ生まれの蒸留酒ですね。
私はサボテンが原料なんだと思ってました。。。汗

本当の原料は「アガヴェ」。
日本名:「竜舌蘭」といって、アロエを大きくしたような根生植物です。
メキシコといえばサボテンと、安易に思っていた私。。。笑
ちょっと違うんですね。

ただしメキシコでは、ハリスコ州テキーラ村周辺特産の
「アガヴェ・アスール・テキラーナ種」のアガヴェを原料にした蒸留酒だけが、
テキーラと名乗ることを許されています。
使う部分は樹液と球茎だそうな。

みなさんテキーラと言えばどんな印象でしょうか。
強いお酒。メチルアルコールの刺激臭。飲みすぎ注意。。。などでしょうか。
と一言でテキーラといっても実はピンからキリまで様々な銘柄が出ています。
その中の一つの蒸留所、多くの人々を魅了しているのがこのポルフィディオ社なんですね。
このポルフィディオ・アネホは、あのロバートデニーロも愛飲していることで有名。
アメリカの各種コンクールには、出品するたびに金賞。
権威のあるワイン専門誌「Wine enthusiast」のスピリッツ部門で獲得した、
“98点”の記録は未だに破られていないそうです。

普通のテキーラとの違いはいろいろ。

そもそも原料からして安いテキーラはサトウキビを加えることがあるんだとか。
ポルフィディオ社はアガヴェ100%。
アガヴェの生育年数も12年と長いものを使うのは、
その方が高い糖度を持っているからなんだとか。
一般的には4、5年で使っちゃうそうです。

圧搾のときにも、ポルフィディオ社はアガヴェ専用の圧搾機を使いますが、
普通はサトウキビ用の圧搾機を使いまわし。
それだと繊維が破壊されるので、メチルアルコールが出やすくなります。

醗酵タンクもステンレススチール製を使うのは珍しく、
一般的に1日の醗酵日数は、8日とかなり長く醗酵させています。
蒸留回数も2回。雑味がなくなり、攻撃的な味も少なくなります。

樽の熟成にもこだわりがあって、
使う樽は新樽のみ。アメリカ産のホワイトオークです。
普通は何度か使いまわしのバーボン用の古い樽を使うんだそうですが、
それに比べてすっきりとした口当たり、
ストレートにアガヴェの味が感じられるようになります。
メチルアルコールは、普通のものに比べて15〜30分の1!
あの鼻につく刺激臭は全然ありません。

と、ここまではカタログに載ってる内容です。笑
短いつもりが長くなってしまいました。。。

実際飲んでみないとわからないです。
テキーラって普段あんまり飲みません。
どうもあのメチルアルコール臭が二日酔いを引き起こしてしまうからです。

ポルフィディオ・アネホA.JPGでも、この「ポルフィディオ・アネホ」は香りから全然違いました。
ブランデーのような、カルバドスのような、甘い香りが!
色もきれいな黄金色。
基本的な味はテキーラなんですが、あの攻撃的な味はどこへやら。
サンプル品だったので、少しのテイスティングでなくなっちゃいましたが。。。
まろやかな口当たりで、鼻に抜けるような残り香はありませんでした。
これならクイクイいけそう。

サンプルを下さった取引先の酒屋さんも、
アルコール飲料の試飲会でこのテキーラに会ったそうです。
色んなワインなどが大々的に試飲されていたそうなんですが、
どれよりもこのテキーラの旨味がインパクトがって、
ちょっとおいしいくらいのワインの味は全然覚えてないんだとか。笑
値段を聞いてみると、
700mlで1万5千円くらい!
かなり高級品でした。
見かけたら奮発して買ってみようと思います。

ボトルがまたステキです。
瓶の中にサボテンのオブジェが入ってます。
やっぱり、サボテンのイメージは間違ってませんでした。笑

というわけで、ちょっとしたお酒のご紹介でした。
三竜商店さん!いつもありがとうございます!


グルメランキングです。
posted by koji at 09:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ このテキーラ。
以前ジャケ買いではなくて、ボトル買いしたことありますよ〜 
これは、美味しかったなぁ。飲み終わったあとは、もちろんクエルボに詰め替えてましたが・・・。ちなみに梅ヶ丘通り沿いの信濃屋で購入しました。このワイン館、楽しめますよ〜♪
Posted by スロフ☆ at 2005年11月23日 19:00
スロフ☆さん、コメントありがとうございます♪
確かにこのボトルだと目を引いちゃいますよねっ。
他にもヤシの木だったりっていうのもあるみたいです。
それはラムが入ってるボトルかもしれませんが。
クエルヴォが一番メジャーでしょうか。詰め替えてでも使ってもらえるボトルってステキです。笑
やっぱり信濃屋さんは色々置いてますね〜。珍しい物が帰るので私もたまに利用します。
Posted by koji at 2005年11月24日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9613128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。