2007年02月27日

いちごでケーキを

イチゴハウス.jpg前回更新からずいぶん経ってしまいました。汗
気付けば今月も終わってしまいそうです。
来月はさらに忙しくなる予定ですが、
自分のスケジュール管理、タイムマネジメントを磨いて、
ブログもう更新できるようにしていきたいと思います。

前回は季節はずれなキュウリのおはなしでしたが、
今回は季節にあわせてイチゴのおはなしをしたいと思います。笑
といっても、いまではすっかりイチゴの旬が分かりづらくなってしまいました。
イチゴの需要は年中ありますよね。ケーキに使われるからです。
クリスマスケーキの時期12月にはイチゴが一番売れます。

本来の旬はいつなんでしょうか。
30年ほど前には4〜6月に出荷が集中していました。
現在では、11月から6月ごろまでと、かなり長期間出荷されます。
その理由はもちろんハウス栽培されるようになったからですね。
現在ではほとんどのイチゴがハウスの中で手厚く栽培されています。

どんどん子を増やす植物なので、「母」にクサカンムリで「苺」だそうです。
posted by koji at 13:20| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

トルティーヤってどこの料理?

トルティーヤ.jpg前回の記事、七草粥はみごとに鶏雑炊に転身しました。汗
仕事帰りにスーパーに寄れず、
家であるもので作るとこうなってしまうんですね。。。
せめて似たもので雑炊になったんですが、
まぁおいしかったので良しとしてください。笑

さてさて、7日は違うお話をしかけていたんですが、
今日はその先送りになったおはなしをしたいと思います。
タイトルがそのまま、この記事のきっかけになったんですが。

トルティーヤ。
最近じゃあわりとよく耳にしますね。
手軽に食べられるファーストフードにもよく使われていますし、
何を隠そう、私の店舗でも使っているフードメニューがあります。
それがいったいどこの国の料理なのか?
ということが仕事中に話題になりました。
まぁ事前に知っておくべきことではありますが。。。汗

「tortilla」トルティーヤ、トルティーラ、トルティリャなどと読みますが、
ずばり、メキシコの伝統的な主食です!
トウモロコシをすり潰したものを原料に作る薄焼きのパン。
紀元前4000年から存在すると言われ、
マヤ文明ではトウモロコシは神聖で特別な食べ物だったんですね。

トルティーヤの生地を延ばす専用器具もあります。
posted by koji at 20:15| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

冬至に入るゆず風呂で

ゆず.jpgもう今年も終わっていきそうな勢いですねぇ。。。
今月もあんまり更新できませんでした。
こんな調子ですが、最後までお付き合い頂けて幸せです。

さて、冬至が過ぎてこれからどんどん一日が長くなっていくそうですが、
まだまだそんな実感わきませんね。
寒くなるのはこれからですし。。。
今年は雪はふるんでしょうか。
どうなることやら!

ということで、今日は冬至でおなじみ、ゆずのおはなし。
柚子湯には、、、実はまだ入ってません。汗
スーパーで柚子湯用ゆずの袋売りを見かけたんですが、
結局買えずじまいでした。汗
ゆっくり柚子湯につかりたいです。

ゆずで旬を感じたいですね。
posted by koji at 11:09| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

玄米のちから

玄米、食べてます。
ついに白米から玄米オンリーに代わってしまいました。笑

少し前に、おなじみ、はすみふぁ〜むさんから送っていただいた玄米なんです。
白米と違って手間はややかかりますが、
おいしく頂いています。

そんな玄米ですが、なんとなく体にもいいイメージ。
じゃあみんな食べればいいのに。と思いますが、
白米に比べるとやっぱり、おいしい!という感じではないのかもしれませんね。

玄米ってどんなお米なんでしょうか。
稲穂を刈り取ってから、白米とどう違う道を辿るのか、ご存知ですか?
そんなにむずかしいことではありませんが、
玄米とは、稲の籾殻を取っただけの精白されていないお米です。

お米はもともと、「胚芽」「ぬか層」「胚乳」というパーツがあります。
ぬか層にも3層あって、果皮・種皮・澱粉層です。

精米度合いによって、名前があります。
玄米
もみ殻だけを取り除いたもの
三分づき米
→果皮のすべてと、種皮の一部まで取り除いたもの
五分づき米
→種皮の半分程度まで取り除いたもの
七分づき米
→澱粉層の一部まで取り除いたもの
胚芽精米
→胚芽を残して、ぬか層のすべてを取り除いたもの
白米
→胚芽も取り除き、胚乳だけ残ったもの

ということは、玄米を田んぼに植えるとまたは目が出てくるんですねぇ〜。

玄米オンリーのお米って、いままであんまり食べたことがありませんでした。
けっこう硬めに仕上がります。
これは、白米に比べるとやはり表面を覆う層が多いためですね。
おいしいご飯の炊き方の記事にも書きましたが、
お米が炊ける=糊化するためには、水分が必要です。
そのため、浸水にもかなりの時間(一晩とか)が必要ですし、
炊く際には強い火力や長時間の加熱が必要なんですね。

玄米のおいしい炊き方をネットで調べてみると、
圧力鍋や土鍋炊きが多いようです。
圧力をかけると独特のプチプチした食感ではなく、白米のようにふっくらと炊き上げることができます。
土鍋炊きでは、独特のプチプチ感がしっかり残ります。
どのレシピにも、塩を一つまみ加えると書いてありますね。
私も土鍋で炊いています!

栄養価としてはどうなんでしょう。
皆さん知っての通り、お米の栄養の多くは、外皮、ぬか層、胚芽にあります。
ということは、白米にはほとんど残ってないということ。
玄米は特にビタミンB1は精白米の4倍以上もあります。
食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍、ビタミンB2は2倍と、
その差はかなり歴然。
一緒に野菜のビタミン・ミネラルを摂取するのが効果的なんですね〜。

しかし、反面、残留農薬を心配する声もあります。
白米よりもイメージ的にはそうかもしれませんが、
残留農薬検査は玄米の段階で行われるらしく、
農薬の残留は、通常定められた使用方法を遵守する限りは安全である、
というのが本当のところ。
これは以前にもレポートで書いたことがあります。
安全と安心。
難しい問題ですが、安全性は、白米と玄米、特別栽培有機栽培と慣行栽培に、
大きな差はないということです。

マクロビオティックのおはなしを以前したことがあります。
このマクロビオティックの基本にも、主食として玄米がすすめられています。
「一物全体」という大切な考え方で、全粒穀物の摂取は理にかなっているんですね。
栄養面の高さと、しっかりした食感は咀嚼を促し、唾液がしっかり出ます。
消化吸収を助けることができますし、
早食いが出来ないので食べ過ぎることもなくなるということ。
玄米の個性をとてもよく捉えた考え方です。

でもそろそろ白米も食べたくなってきたかも。。。笑
買いに行こうと思います。
今日はこれくらいで!
posted by koji at 14:06| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

ハロウィーンにはやっぱりカボチャ。

ハロウィン.jpg10月も気付けば残り10日余りになってしまいました。。。
今月はあんまり記事をアップすることができない感じでしたが、
それでも読んでくださる方々がいること、
とても嬉しく、ありがたく感じています。
まだまだ張り切って続けたいと思います!

さて、今日も食材のおはなし。
前職、ケータリングのお仕事を辞め、
野菜ソムリエの資格を取った頃からどうしても食材のおはなしが増えています。汗
たまには違うおはなしをしたいとは思いますが、、、
なかなかどうして。笑
ということで、今日はカボチャのおはなし。

カボチャと聞いて、どんなイメージでしょう?
ホクホクほかほか、温かいイメージが私はあります。
ほっとするような煮物だったり、
優しい甘さのパンプキンパイだったり。
だから旬は冬なんだとばかり思っていました。

でも実は収穫されるのは夏。
九州で春に、北海道で夏に収穫されます。
そういわれると、ウリ科カボチャ属のこの植物。
夏野菜と一緒に畑にありますよね。
ではなぜ食べるイメージでは冬なんでしょうか。

ナンキン、トウナス、ボーフラ。。。全部カボチャの呼び方です。
posted by koji at 11:01| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

秋の味覚第何弾?今日はクリです。

??.jpg秋の味覚と言い出したらきりがないことに気が付きました。笑
今日は栗のお話です。
何かのレポートで秋の味覚第一位だとか聞いたことがありますが、
私の調べでは第一位はサンマが多いように思います。笑

まさに今が旬ですね。
8月後半から出回る早生栗から始り、中生栗、晩生栗と、11月頃まで続くでしょうか。
5〜6月に開花しますが、おいしい栗のねらい目は旬の後半。
開花してから成熟するまでの期間が長い方が味が良いそうです。

ブナ科クリ属。比較的育ちやすい木で、世界中で見られます。
日本でも各地で見られ、200種以上もあるんだとか。。。

歴史的に見ても、
おせちにも使われているように、栗は日本人にとって身近な存在です。
7世紀の終わりには持統天皇が全国で栽培するように命じたということもありますが、
最も古くは9000年も前。縄文時代の遺跡から化石が発見されています。
以前にもおはなししたクルミと同様に、
農耕が始まるまでは木の実は重要な栄養源だったんですね。

さて、現代の日本で出回っている栗。
多くはやはり韓国、中国やニュージーランドからの輸入です。
むき栗の状態で輸入されることが多いようですが、
おせちや和菓子などの消費減少により、市場は小さくなっているようです。
もちろん国産の栗にとっても同じで、
加工の手間や皮の廃棄などの問題から消費は減少しているんですね。。。

パリの道端で焼き栗を食べてみたい。。。。
posted by koji at 13:34| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

そろそろサンマが・・・

bouukei.gif台風、大丈夫でしたでしょうか?
なんだかけっこうな被害を残していったようですね。
今年もまだまだ台風はやってくるんでしょうか。

今日もやっぱり秋の味覚のおはなしになってしまいます。
やっぱり、食べることばかり考えてしまうのが秋。笑
今日は秋の味覚の王道、サンマのおはなし。

すでにスーパーにはたくさん並んでますね。
すっかり旬の魚といった感じです。
ですが。。。なんだか年々旬の時期が早くなっているような気が。汗
もう少し秋が深まったころに食べていたと思うんですよね。
皆さんいかがでしょうか?

棒受漁業でサンマを獲る
posted by koji at 07:55| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

秋の味覚、キノコ大好きです。シメジ!

微妙な天気が続いています。
雨が降ったりやんだり降ったりやんだり・・・
お客様のご来店も降ったりやんだり・・・
まぁそういうときもあります。
今日当たり晴れてくれそうな予感♪

朝晩が急に寒くなって、今まで通り薄着だと風邪ひきそうですよね。
みなさん十分にお気をつけください。
秋の到来です。

秋といえば色々ありますが、
秋の味覚、キノコのおはなしをしたいと思います。
といっても、最近は年中同じように売られていますが。
シメジについてのおはなし。

秋の味覚といえばキノコ??他にも色々ありますが。。。
posted by koji at 10:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

トロピカルな香り、グァバ。

グァバ.jpg今日はちょっと手短にいきたいと思います。
最近、食材のおはなしが多いですが。。。

タイトルにもありますが、今日はグァバという食材のおはなし。
皆さんご存知でしょうか?
近年トロピカルフルーツと呼ばれる果物はとっても身近になりました。
流通が非常に早くなり、通販などでもかなり取り上げられているので、
ご存知の方は多いですよね。

トロピカルフルーツと呼ばれる果物は、
普通暑い国で栽培されます。
熱帯アメリカ原産のこのグァバもその一つですが、
丈夫な植物で気温が4.5℃あれば越冬できるため、
日本でも暖地、沖縄では庭先に植えてあったりします。
沖縄には琉球王朝時代の17世紀にはすでにあったというおはなし。
ちなみに和名は、バンジロウと言うそうです。。。

フトモモ科バンジロウ属。
木は3〜4mほどまでしか育たず、
常緑の美しい葉や樹形は観賞用に栽培されることもあります。
球か洋ナシ型の実が特徴ですね。
品種によって様々ですが、
緑から黄色に熟していき、成熟するとピンクや赤くなるものもあります。

なにげに品種は色々あります。世界で愛されるフルーツ!
posted by koji at 10:38| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

山芋をさくさく。

お盆休みなんですね。世間は。
私は朝から出勤でしたが、
都内は停電があって一時電車が止まったりしていました。
けっこうダイヤが乱れていましたが、
みなさん影響はありませんでしたでしょうか?

さて、今日は野菜のおはなしをしようと思います。
実はちょっと季節はずれな野菜ですが、
今日食べたので、調べてみました。
山芋、みなさんよく食べますか?
私は割りとよく食べます。

日本で山芋と呼ばれている根菜。Ω〓??.jpg
ヤマノイモ科ヤマノイモ属の野菜です。
といっても、ヤマイモという名前で呼ばれている野菜は、
そこから色んな種類があるんですね。

3つに大別されるのが一般的でしょうか。
ヤマノイモ、ジネンジョ、ダイジョの3つ。
さらに、ヤマノイモの中からナガイモ、イチョウイモ、ヤマトイモ。
これだけで種類が多すぎでよくわかりません。。。汗
なので、一般的によく見かけるものをご説明しましょう。

続きを読む
posted by koji at 23:40| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

アマゾンフルーツ アサイー!

Açaí.jpg梅雨明けしました!
今朝なんか肌寒くて目が覚めましたが、
これからどんどん暑くなるんでしょうね。
夏到来!

今日は、少し前から流行り出しているフルーツ、
「アサイー」をご紹介したいと思います。
みなさんご存知でしょうか?
ヘルシー志向の方はチェックされているかもしれませんね。

ブラジル熱帯雨林で採れる、野生の実で、
見た目はブルーベリーのよう。
ですが、ほとんど甘みがなくて、
不思議とチョコレートのような風味があるのが特徴です。
フルーツとして、すごくおいしい!
というものではないのですが。。。。

なにが注目を集めている理由かというと、
その小さな実に秘められた、驚くほどの栄養なんですね。

Açaí ってこう書きます!味は飲んでのお楽しみ!
posted by koji at 23:10| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

今更ながら、アセロラ!

アセロラ.jpg夏休み突入ですね!
知りませんでした。。。
妙に観光地が混んでるなぁと思ったら、もうそんな時期なんですね。
雨の被害も日に日に大きくなっているようですし、
夏風邪をこじらせている人もちらほらいらっしゃいます。
まだまだ続く夏を乗り越えよう!
今日はそんな気分でこのフルーツを取り上げることにします。
(土用の丑の日になんなんでしょうね。笑)

アセロラが流行ってからどれくらいたつでしょうか。
ビタミンCブームに乗っかってやってきたといってもいいですね。
流行った当初からかなり注目されていましたが、
いまだにアセロラを使った商品は数多くあります。
これにはやはりそれ相応のパワーを持っているからなんです!

プエルトリコでは輸出に特別な手続きが必要だそうです!
posted by koji at 22:43| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

クスクス。れっきとした料理名です!

今日は雨が降るかなと思いきや、
なんだかんだで降らずにいたようです。
各地で大雨の被害が相次いでいるようですね。
皆さん、身の回りにもお気をつけを!

さて、今日はサクッといきたいと思います。Couscous.jpg
食材と言えば食材ですが、
どちらかというと料理の一品と言えますね。
クスクス。
ご存知でしょうか?

私はこの料理は名前がなんとも可愛らしいので好きです。笑
一見すると、なんだろう??ピラフかな??とも思えるようなルックスですが、
実は立派なパスタであると言えます。
もっと正確に言うと、世界最古にして最小のパスタ!
パスタの最初の原型と言われています。

クスクス.jpgデュラムセモリナ小麦で作ります。
石臼で挽いて粉にし、塩水を加えて練ったものを、
手のひらでポロポロと小さな粒状にしてふるいにかけて漉し、
天日に干して乾燥させれば、食材として完成です。

フレンチではスムールとも言います♪
posted by koji at 20:52| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

ジャガイモをほくほく

ジャガイモ畑 北海道美瑛.jpg先日ニョッキのおはなしの中でジャガイモのお話をちょこっとしました。
今日はその続きということで、
ジャガイモについておはなししたいと思います。

ジャガイモ、みなさんお好きですか?
けっこう食べることが多い野菜じゃないでしょうか?
そういえば、ジャガイモが嫌い、と言う人はあまり聞いたことがありませんね。
家庭にもよくストックしてある常備野菜なんじゃないでしょうか。

日本の家庭料理でジャガイモの代表作といえば、、、
やっぱり肉じゃがじゃないでしょうか。
過去にも肉じゃがの作り方、おはなししたことがあるような気がします。
あの心温まる、ほっとするお袋の味。うーん、、、いいですね。
他にもじゃがバター、フライドポテト、コロッケ、シチューの具にも、
色んな料理にあれやこれやと使われることが多い野菜です。
皆さん好きなジャガイモ料理、是非教えてくださいね。

原産は南米アンデス山脈の高地だと言われています。
大航海時代、16世紀にはようやくヨーロッパへ伝わりました。
最初は芽に毒があるということで、観賞用だったんですね。
しかし、戦争や飢餓で畑が荒れる時代に食用として活躍することになり、
どんどん食用で栽培されるようになりました。
今では世界5大食用作物(小麦、水稲、大麦、とうもろこし、じゃがいも)の一つです。

続きを読む
posted by koji at 19:36| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

コーヒー豆 品種はさまざま!

WorldCoffeeMap.png本格的に梅雨!という感じになってきました。
雨が降ったり降ったり降ったりやんだり降ったり。
たまに晴れると洗濯でバタバタしちゃいます。笑
出かけるのも億劫になるので、
世間で盛り上がっているワールドカップでも!
と思うんですが、
なんと私の自宅にはテレビがありません。。。汗
正確には、テレビが(小さくて見る気が)ありません。笑
どうせなら大画面で見たいと思いませんか??
と思って、見るに見れない状態が続いております。

今日はコーヒーに関するおはなしをしようと思います。
以前にも、今日はこんなコーヒーを買ってきました、
というような記事を書いたことがあると思うんですが、
今日もそんな感じです。

豆にも色々種類があるのは、
みなさんご存知でしょうか?
種類というと、キリマンジャロ、モカ、ガテマラ、ブルーマウンテン、、、
などをご想像されるでしょうか。
多くは産地名などがつけられ、
それがそれぞれの豆の名前になっていますね。

現在では植物として、66種類のコーヒー品種があると言われています。
しかし、コーヒー豆を得るために栽培されているのは、
そのうちの10種くらい。
しかも、そのほとんどの品種の原種となっているのは、大きく分けて2種、
「アラビカ種」と「ロブスタ種」です。
現在では8割がアラビカ種、2割がロブスタ種となっているそうです。

なにげにカフェイン中毒です。。。やめられないとまらない♪
posted by koji at 00:00| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(3) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

でんでんむしむし エスカルゴ!

escargot.gif雨が続いてます。
梅雨、って感じですね。
たまに晴れるとすごくむしむししてあつーいですが、
気持ち良さそうに咲いているアジサイを見ると、
なんだか心地いいですね。

梅雨、アジサイ、連想ゲームです。
でんでんむしむしカタツムリ!
子供の頃はあんなにたくさんいて、
あんなに捕まえて喜んでいたんですが、
ここ何年か自然の中では見てないような気がします。

今日はカタツムリのおはなし。
というと、なんのはなしになるのかわかりづらいかもしれません。
カタツムリ、フランス語では「エスカルゴ escargot」ですね。
日本でエスカルゴというと、
一般的にフランス料理の料理名の一つ、として認識されていると思います。
なかなか食べる機会はないかとは思いますが、、、
今日はそんなちょっと旬な食材のおはなしです。

エスカルゴの料理と聞いて、
皆さんどんなイメージを持ってらっしゃいますか??
実態は良くわからないけど、殻ごとお皿に乗って出てくるアレ。
そんなイメージですよね。

カタツムリって漢字で書くと。。。読めません。笑
posted by koji at 23:54| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

夏には夏の野菜を。トマトがおいしい。

たまには食材のおはなしをしたいと思います。
最近はますます「旬」という言葉に興味がありますが、
いざこの野菜の旬は?と問われて言葉に詰まる有様です。。。汗
それくらい今の日本には、食材が溢れています。

tomato.jpgなので今日はかなりわかりやすいところからいきましょう。笑
トマトの旬は?
夏!ですよね!
具体的には6〜8月、といったところでしょうか。
今がまさに旬到来の時期と言えます。
といっても、スーパーで年中売っているものですよね。

正確に言うと露地栽培されたトマトの旬です。
新技術で栽培された2〜5月が旬のトマトというのもありますが、
本来はやっぱり夏の野菜です。

ナス科のトマトの起源は、南米ペルー、エクアドルと言われています。
標高3000メートルもの高原の野菜だったので、
高温多湿の日本での栽培は難しいはずですが、
品種改良や栽培方法の改善の結果、野菜の売上で日本一となったそうです。

16世紀にはヨーロッパに伝わりましたが、
最初はその色や匂いから敬遠され、観賞用だったそうです。
その後、南欧でソースや煮込み料理で使われるようになり、
世界中に広がっていきました。

日本へも17世紀には観賞用としてやってきたトマト。
明治になってからケチャップの普及とともに全国に広まりました。

湯向きは10秒くらいでOKです!
posted by koji at 21:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

サクラ咲く季節です

桜が満開ですね〜。気付けば!
今年もちゃんとお花見が出来ないうちに散っていっちゃいそうです。泣
なのでせめて思いでだけでも。。。笑

現在ランキング強化キャンペーン!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日は桜にちなんだおはなしを。
もちろん食べ物のおはなしです。

桜を食べるというとそんなにバリエーションはないように思いますね。
桜餅、桜あんぱん、桜茶、桜ごはん、桜蒸し、、、、
思いつきません。汗桜の塩漬け.jpg
どれもこれも、桜の香りで包まれているおいしいものばかり。
彩りも一緒になって春を感じさせてくれます。

料理やお菓子に使う場合の桜は普通、塩漬けです。
桜の塩漬け、使ったことありますか?
塩漬けにも、花と葉のどちらもあるんですが。。。

桜の葉の塩漬けの70%以上が静岡県岡崎町産!
posted by koji at 09:27| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

欠かせない香辛料 胡椒

今日はたまたまパーティーがありませんでした。
明日からまた頑張らなければなりませんが、
その前にまとめて記事を書いてしまおうという魂胆です。笑

現在ランキング強化キャンペーン!笑
いつもクリック応援ありがとうございます♪グルメランキングです。

今日の食材。胡椒.JPG
西洋料理はもちろん、今では世界中でどんな料理にも欠かせない香辛料、
胡椒についておはなししたいと思います。
家庭の食卓にも普通にありますよね。

原産は、インド南部マラバル地方。
南インドでの栽培は紀元前500年代から始まっているんだとか!
現在では、インド・インドネシア・マレーシア・ブラジルなどで栽培されています。
今日の続きはやや長め!頑張りました。笑
posted by koji at 22:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

旬の食材、菜の花を食す

菜の花.jpg暖かくなったなぁと思うとまた冷えてきました・・・
こういうのはほんとに嫌ですね・・・
早く春がこないかなぁと。願うばかりですね〜。

旬の食材のお話もたまにはしましょう。
去年もこの時期に名前だけはちょこちょこ登場しているんですよね。
菜の花。
市場でも年末年始くらいからちょこちょこ出回っているんですよ〜。

ナバナ、とかナノハナとかまぁどちらでも通ります。
本来は花というくらいだからお花です。
食用として売られているものは、
菜の花をつぼみの段階で摘み取ったものになります。
ちなみに、花が咲いて切り花として売られるものは、
「花菜 ハナナ」という名前で区別されて流通するそうです。

ヨーロッパ原産ですが、
日本では独自の品種改良がされています。
日本全国で色々なタイプの菜の花が栽培されているのが現状です。

アブラナとも言うかと思います。
アブラナ科アブラナ属ですが、これに属する仲間はけっこう多いです。
ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、小松菜などなどなどなど。
このブログでもけっこう取り上げられている野菜が多いですね。笑
実はこれらの中でも、栄養価が特に高いのが菜の花なんです。

栄養素を引用しましょう。あんまり多いので。笑
ミネラル類ではカリウム390r、カルシウム160r、リン86r、鉄2.9r、ビタミン類ではカロテン2,200μg、ビタミンE3r、ビタミンK250μg、ビタミンC130r、ナイアシン1.3r、葉酸340μg、パントテン酸0.73r、食物繊維4.2g
中でもビタミンCと葉酸が豊富。
葉酸といえばアルツハイマーを予防するのに効果的とされていますが、
これが生野菜の中で一番多いのが菜の花。
また、独特のほろ苦成分が分解して出来る辛味成分のイソチオシアネートの一種に、
腫瘍に対して有効に作用する物質があることが報告されています。

栄養価が高い、というイメージはあまりないかもしれませんね。
あの独特のほろ苦さと食感、見た目、彩りの良さが春らしさを表現するのにピッタリです。
和食の添え物、おひたし、お吸い物などの使い方がメジャーかもしれませんが、
洋食でも中華でも、さっと炒めるだけで十分おいしい食材なので、
幅広く使われていると思います。

さてさて、菜の花についてちょっと調べているうちにおもしろいページを発見しました。
菜の花プロジェクトネットワーク
タイトルからして菜の花って感じです。笑
菜の花、油菜といえば、そうですね、菜種油の原料でもあります。
菜の花を広く栽培することから始まって、
食用油として使ったり、搾りかすを肥料としたり、
また、使い終わった廃油を軽油代替燃料として再利用したり。
地域一丸となって取り組むプロジェクトを全国に展開されています。
去年開かれた愛・地球博では、
このプロジェクトで開発された廃油のリサイクル装置が、
「愛・地球博環境賞」というものを受賞されているそうです!
菜の花がこんな形でも役に立っているんですね〜。
おもしろいのでぜひページをご覧になってみてください。

こうやって改めて調べてみると、色んな再発見があります。
それをご紹介できると思うと、楽しいですね。
今日はこれくらいで!
グルメランキングです。
posted by koji at 23:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。