2006年07月26日

木戸泉 山廃特別純米 飲んでます。

久々に晴れました!
まだ梅雨明けとはなってないようですが、
たまった洗濯物を一気に片付けてしまいましょう。
明日にはまた傘が必要らしいですが。。。。

近所にあるステキな酒屋さんで買うときは、
とにかく色々お話を聞いてから買うようにしてます。
最近買った日本酒も、すっかりお気に入りになってしまいました。

木戸泉酒造が造る、山廃特別純米 醍醐。
オススメだけあって、かなりおいしいお酒です。

日本酒にもほんとに色々あるなと思いますね。
「山廃」という言葉、どんな日本酒のことなんでしょうか。

この言葉は日本酒の仕込み方を表す言葉です。
「山廃仕込」と呼ばれる仕込み方。
一般的な日本酒は、「速醸仕込」と呼ばれる仕込み方。
日本酒の造り方を少しご説明しなければいけません。

この山廃や速醸と言うのは、酒母(もと)と呼ばれるものを造る仕込です。
酒母は、日本酒とって大切な、酵母菌を増やすために造られます。

ちょっとややこしいので、、、、引用しちゃいます。汗。
酒母の仕込みはまず、水に米麹を加え、さらに蒸米を加えます。その時、酒母の中には水や米麹、蒸米、さらに空気中などからのさまざまな微生物が存在して、勢力争いを始めます。これらの微生物の中から、必要な清酒酵母だけを選んで増やしていくわけです。
そのために必要なものが''乳酸''です。乳酸がある一定濃度以上ある中では、清酒酵母以外の微生物は、仲間を増やしたり、活発に動きまわったりすることができません。そこで、現在主流の酒母は仕込みの時に、''協会酵母''という優秀な酵母を多量に入れてやるとともに、市販の乳酸を加えて雑菌の侵入や繁殖をおさえる''速醸もと''といわれるものです。しかし、市販の乳酸がなかった昔は、まず天然の乳酸菌を自然に繁殖させて、乳酸を造らせることから始めなければなりませんでした。まず、もともと水の中に棲んでいる`'硝酸還元菌''類の力を借りるわけです。硝酸還元菌類は、やはり水の中に微量に含まれる''硝酸塩''を食べて''亜硝酸''を造ります。その間に米麹から溶けだした酵素が、米のデンプンを分解して甘いブドウ糖を造ります。やがて、そのブドウ糖を求めて乳酸菌が繁殖し、ブドウ糖を食べて乳酸を作り始めます。この亜硝酸と乳酸の相乗効果で酒母の中の菌類が殺菌されます。さらに乳酸が増えると硝酸還元菌も乳酸菌自身も殺菌され、やがて亜硝酸は消え、酒母は甘酸っぱいドロドロとした液体になります。甘味酸味の濃いこの酒母の中では、これに耐えうる清酒酵母だけが選ばれ繁殖をはじめるわけです。
まぁこうやって日本酒の酵母菌は造られるわけですが、
速醸では、最初から乳酸を添加して、
そのプロセスを短く衛生的にしようというもの。
現代ではその方法は確かに理にかなっているため、
ほとんどの日本酒ではこの方法が用いられます。

しかし、昔ながらの添加物のない時代のやり方では、
そんな菌の繁殖などは自然任せ。
蔵の中の空気中にいる乳酸菌が繁殖するのを待つのみなんですね。
この自然任せの仕込み方を、「生もと仕込」と言います。
生もと、の言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。

山廃仕込も基本的には生もと仕込と同じように自然任せの仕込み方です。
生もと仕込の中の工程に、
「山卸し」という酒母を櫂でかき混ぜて、蒸米や米麹をすり潰す作業があります。
「山廃」とは、
生もと仕込から、この「山卸し」という作業を「廃止」して、
本当にすべてほったらかしにして自然任せに酵母菌を育てるやり方のことなんです。
なるほどー!って感じでしょうか。笑

速醸に比べ、自然任せの生もとや山廃は時間がかかります。
しかし、その分しっかりとしたコクや旨味を持つ日本酒になり、
その蔵にしかない酵母菌が出来上がるため、非常に個性的な味わいを持ちます。

なんだか説明してる私もいまひとつ良くわかってないので、
皆さんにきちんと説明できないのも無理からぬことと思ってください。汗
感覚的には理解しているんですが。。。

ということで、実際に飲んでみてほしい、「山廃」。
この木戸泉酒造も千葉県の蔵元で、私も可能なら直接伺ってみたいと思います。
私は割とこの山廃が好きで色々飲んではいるんですが、
今までで一番おいしいと素直に思える日本酒です。
平成16年度に作られたお酒を1年長期熟成しているため、
コクとお米の旨味がしっかりふくらんでいます。
フルーティーな香り、酸味が程よく、
しつこく後を引きすぎることもないすっとしたあと口。
アルコール度が17%とやや高めにも関わらず、
それを感じさせない飲みやすさがかなり好印象です。
食中酒としての純米酒の役割もぴったり果たしてくれて、
気付けばかなりイイキモチになってしまっています。笑
またあれば買っちゃいそうですね。

今日は今飲んでいる日本酒をご紹介させてもらいました♪
今日はこれくらいで!

千葉の地酒 木戸泉 ホームページ
posted by koji at 23:30| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | お酒のお話 色々集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

モンドヴィーノ 誰かに話したくなる、ワインの話。

雨がやまないのでどうしてもインドア派になりがちです。
いえ、晴れてても基本的にはインドアなんですが。。。笑

今日はずっと気になっていた映画をレンタルしてきました。
ほんとは劇場で見たかったんですが、、、
ようやく新作映画としてレンタルが開始されたので、
さっそく見ることにします。

モンドヴィーノ MONDOVINO

2004年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
世界中のワインの実情を明確にしてくれるドキュメンタリー映画です。
ドキュメンタリですが、一つの芸術作品としても十分に見ごたえがあります。
137分という長編でもあり、
私もかなり見た後の心地よい疲労感がありました。

ワインを選ぶとき、皆さんどんな基準で選びますか?
フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、
アメリカ、アルゼンチン、チリ、、、
国で選ぶこともありますし、
カヴェルネ、メルロ、ピノノワール、シラー、品種もありますよね。
詳しい方なら同じ国でもボルドーのシャトーや、カリフォルニアのナパ、
もしかしたら生産者にまでこだわるかもしれません。

世界中にあふれかえる、数え切れないほどのワイン。
それぞれにどんな違いがあって、みんなどういった基準で選ぶんでしょうか?
この映画を見ると、また一つ、ワインを選ぶ基準が増えるかもしれません。
いや、もしかすると、一層選べなくなるかもしれません。。。。

ワインの世界はやっぱりまだまだ深かった!?
posted by koji at 21:48| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | AMUSE diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

今更ながら、アセロラ!

アセロラ.jpg夏休み突入ですね!
知りませんでした。。。
妙に観光地が混んでるなぁと思ったら、もうそんな時期なんですね。
雨の被害も日に日に大きくなっているようですし、
夏風邪をこじらせている人もちらほらいらっしゃいます。
まだまだ続く夏を乗り越えよう!
今日はそんな気分でこのフルーツを取り上げることにします。
(土用の丑の日になんなんでしょうね。笑)

アセロラが流行ってからどれくらいたつでしょうか。
ビタミンCブームに乗っかってやってきたといってもいいですね。
流行った当初からかなり注目されていましたが、
いまだにアセロラを使った商品は数多くあります。
これにはやはりそれ相応のパワーを持っているからなんです!

プエルトリコでは輸出に特別な手続きが必要だそうです!
posted by koji at 22:43| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

クスクス。れっきとした料理名です!

今日は雨が降るかなと思いきや、
なんだかんだで降らずにいたようです。
各地で大雨の被害が相次いでいるようですね。
皆さん、身の回りにもお気をつけを!

さて、今日はサクッといきたいと思います。Couscous.jpg
食材と言えば食材ですが、
どちらかというと料理の一品と言えますね。
クスクス。
ご存知でしょうか?

私はこの料理は名前がなんとも可愛らしいので好きです。笑
一見すると、なんだろう??ピラフかな??とも思えるようなルックスですが、
実は立派なパスタであると言えます。
もっと正確に言うと、世界最古にして最小のパスタ!
パスタの最初の原型と言われています。

クスクス.jpgデュラムセモリナ小麦で作ります。
石臼で挽いて粉にし、塩水を加えて練ったものを、
手のひらでポロポロと小さな粒状にしてふるいにかけて漉し、
天日に干して乾燥させれば、食材として完成です。

フレンチではスムールとも言います♪
posted by koji at 20:52| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ドライブがてら、おいしいものを求めて。

竹やぶ庭1.JPG今日もまた雨がしとしと降ってました。
世間ではなにやら物騒なニュースがちょこちょこ出ていて、
なおさらどんよりしちゃいます。
夏本番に向けてのこの時期。
でも暑さはもう本番同様といった感じです。
年々暑くなってきているように思います。

今日は昨日の続きで、
カプチーノのおはなしでもしようかなと思ってパソコンに向かったんですが、
どうも気分が乗らず、、、
(上手く文章がまとまらなかっただけなんですが。汗)
思い切って中断して、
ドライブがてら何かおいしいものを食べに行くことにしました♪

3連休の最終日ですし、
都内だと混むだけだなーと思ってちょっと遠出でもしようかと。
でも良く考えたら休日こそ郊外に向かう車が多いんですよね。
まんまと渋滞にもはまったわけですが、
気にせず目的地を設定です。笑

最近創刊された某料理雑誌の特集に出ていたお店へ!
埼玉県、柏市。
のどかな住宅街、川沿いにある大きな公園の緑がいっぱいある中に、
目的地はあります。

続きを読む
posted by koji at 23:07| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | AMUSE diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

誕生から100年余り。薫り高きエスプレッソ!

ずいぶん更新を怠ってしまいました。。。
ここのところバタバタとしております。
実は先週はあの「野菜ソムリエ」の試験もあり、
バタバタのピークだったのです。
受かっているといいんですが、
結果はまだまだわかりません。
やれるだけのことはやりました。笑

さて、仕切りなおして今日からまたアップしていきたいと思います。
今日のおはなしは、もう日本でも割とおなじみとなったドリンク。
エスプレッソのおはなし。
調べれば調べるほど、奥の深いコーヒーの世界です。

イタリアンが日本に定着してエスプレッソも知られるようになりましたが、
本格的に日本に広まったのは、そう、スターバックスが流行ったからですね。
色々.jpgエスプレッソと聞いてみなさんのイメージはどんなものでしょう?
スタバで飲むエスプレッソを使ったドリンク、
カフェラテやカプチーノ、モカなどでしょうか?
それともちっちゃなちっちゃなデミタスカップに注がれた、
ほんの少しの濃いコーヒー?
日本ではどちらかと言えば、スタバのエスプレッソドリンクのイメージが強いようです。

簡単にエスプレッソについてご説明しましょう。
とても濃いコーヒーです。
うーん、簡単すぎますね。笑

深くローストし、かなり細かく挽いたコーヒーの粉を使います。
圧力をかけて抽出することにより、
短時間で非常に濃いコーヒーになるんですね。

エスプレッソの語源。「急速」「あなただけに、特別に」など諸説あります。
posted by koji at 15:07| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

省エネタイプの冷蔵庫がなくなった??

お昼過ぎの豪雨はかなりすごかったようです。。。
雨と一緒にミサイルが飛んで来ないようにしてほしいですが、
ぶっそうなニュースで朝から驚きました。
どうなってるんでしょうね。
やはり不安です。

今日のおはなしはちょっとタイムリーなおはなしではないかもしれません。
今年の5月には出てきていたおはなしなんですが、
冷蔵庫の消費電力についてのおはなしです。
ご存知の方も多いかもしれませんね。

時代はエコ。
省エネ、環境問題にはみんな敏感になっています。
もちろん国をあげての取り組みでもありますし、
企業の技術の進歩によるところも非常に大きい分野でしょう。

その傾向は年々強くなっていますよね。
家電量販店にちょっと入ってみると、
省エネ、リサイクル、低消費電力などなど。。。
様々なポップで販促がされています。
その中でも、冷蔵庫は特に力を入れて宣伝されていたんじゃないでしょうか。

実は、今ではそんな表示がされた冷蔵庫は売られていません。
各家電メーカーでは、
冷蔵庫のカタログから電気代の項目をほとんど削除してしまったそうです。
これはいったいどういうことなんでしょうか。

詰めすぎ、開けすぎ、わかっているけどやめられません・・・
posted by koji at 19:10| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

ジャガイモをほくほく

ジャガイモ畑 北海道美瑛.jpg先日ニョッキのおはなしの中でジャガイモのお話をちょこっとしました。
今日はその続きということで、
ジャガイモについておはなししたいと思います。

ジャガイモ、みなさんお好きですか?
けっこう食べることが多い野菜じゃないでしょうか?
そういえば、ジャガイモが嫌い、と言う人はあまり聞いたことがありませんね。
家庭にもよくストックしてある常備野菜なんじゃないでしょうか。

日本の家庭料理でジャガイモの代表作といえば、、、
やっぱり肉じゃがじゃないでしょうか。
過去にも肉じゃがの作り方、おはなししたことがあるような気がします。
あの心温まる、ほっとするお袋の味。うーん、、、いいですね。
他にもじゃがバター、フライドポテト、コロッケ、シチューの具にも、
色んな料理にあれやこれやと使われることが多い野菜です。
皆さん好きなジャガイモ料理、是非教えてくださいね。

原産は南米アンデス山脈の高地だと言われています。
大航海時代、16世紀にはようやくヨーロッパへ伝わりました。
最初は芽に毒があるということで、観賞用だったんですね。
しかし、戦争や飢餓で畑が荒れる時代に食用として活躍することになり、
どんどん食用で栽培されるようになりました。
今では世界5大食用作物(小麦、水稲、大麦、とうもろこし、じゃがいも)の一つです。

続きを読む
posted by koji at 19:36| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 食材のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

ニョッキを家庭で。にょっきにょき。

ニョッキ.jpg暑いです!
むしむしむしむし・・・
じっとしていても汗がにじんできて、
気付けばしずくが滴ってきます。。。
日本の夏がやってきますね。
ビールの美味しい季節です。笑

今日はニョッキを自宅で作ってみました。
どちらかというと、夏の料理じゃありませんね。汗
ご了承ください。。。

ニョッキ。
なんともコミカルな名前だと思いませんか?
にょっきにょき。にょっき。深い意味はありません。笑
どんな料理か、皆さんご存知でしょうか?

イタリアンブームに乗って、知名度はまあまあ上がったように思います。
ジャンルで言うと、パスタの一種です。
ジャンルで言うとなんて変な言い方ですが、
コロコロとしたお団子のような形で、
ソースに絡めて仕上げます。

語源はドイツ語の「木の節目」「こぶ」だといわれていますが・・・
posted by koji at 16:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 調理雑学・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

牛乳離れ・・・飲んでますでしょうか?

牛乳.jpg皆さん、ご家庭の冷蔵庫には入ってますか?
牛乳。
私は毎日欠かさず飲んでいます。
カルシウム不足でイライラする、なんてことは良く聞きますが、
私の場合、牛乳が冷蔵庫にないだけでイライラする、
ほどの牛乳好きであります。笑
それはそれで問題あるかもしれませんが・・・汗

あの白い不思議な液体にどれだけのパワーがあるのでしょうか。
栄養価としては非常に優れている食品です。

カルピス牛乳も好きです。是非試してみてください♪
posted by koji at 18:40| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | フードコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。